古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

いしだ壱成、左側の顔面まひだった「今は完治をしました」

ORICON NEWS のロゴ ORICON NEWS 2017/10/21
いしだ壱成 © (C)ORICON NewS inc. いしだ壱成

 俳優のいしだ壱成(42)が21日、自身のブログを更新し、帯状疱疹(たいじょうほうしん)からくる、顔面まひを患っていたことを明かした。現在は完治しており「予定どおり舞台に立たせていただいております」と伝えた。

 壱成は、18日に放送されたフジテレビ系『良かれと思って!』(毎週水曜 後10:00)で、2014年に再婚した一般女性と離婚を発表。番組を観ていた視聴者たちは、壱成の表情の“異変”に気付き、SNS上などでは「左側の表情が動かない…」「左のまばたきがおかしい」など、心配の声が上がっていた。

 この日、壱成は「連日ネットなどでご心配いただいておりました、顔面の左側麻痺につきましてご報告させて下さい」と切り出し「帯状疱疹から来る顔面麻痺、という医師の診断でした」と報告。

 「二週間ほど前に発症をしました。その後一週間通院しまして、今は完治をしました」と明かし「予定どおり舞台に立たせていただいております。お騒がせ致しまして、申し訳ありませんでした」と伝えた。

ORICON NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon