古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

天海祐希:佐々木蔵之介と11年ぶり夫婦役 来春スペシャルドラマで

MANTANWEB のロゴ MANTANWEB 2017/11/22 MANTAN Inc.
読売テレビ開局60年記念ドラマ「天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~」に出演する佐々木蔵之介さん(左)と天海祐希さん © MANTANWEB 読売テレビ開局60年記念ドラマ「天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~」に出演する佐々木蔵之介さん(左)と天海祐希さん

 女優の天海祐希さんが、来春放送の読売テレビ開局60年記念ドラマ「天才を育てた女房~世界が認めた数学者と妻の愛~」(読売テレビ・日本テレビ系)で主演することが23日、明らかになった。天海さんは、佐々木蔵之介さん演じる天才数学者・岡潔の妻の岡みち役で、天海さんと佐々木さんが夫婦役を演じるのは11年ぶり。

 ドラマは文化勲章も受章した実在の天才数学者・岡潔の人生を、妻・みちの目線で描いたヒューマンストーリー。潔は大阪生まれで、晴れでもゴム長靴を好み、ヨレヨレのスーツでネクタイはしないという変わった男で、天才ゆえに苦悩、挫折をし、数学という世界に“閉じ込められて”しまっていた。誰からも認められず、数学に打ち込むあまり家計は火の車。みちは夫が目指しているものを理解できない中でも支え続ける。やがて潔は世界の難問に立ち向かい、一つずつ解決していくが、日本の数学界は彼を全く評価せず、夫婦は絶望と混乱の渦にのみ込まれる。それでもみちは潔の純粋さを理解し、前向きにひたむきに、数々の苦難を乗り越えていく……という内容。

 天海さんは「台本の中に出てくるみちさんは天真らんまんで、潔さんのことを、一途に心配して、自分が守るんだという気概を持って生きていらして、本当にすてきな女性だなと思います」と役についてコメント。また佐々木さんとの夫婦役については「蔵ちゃんとご一緒できるとうかがって、とてもうれしかったです。夫婦役としては、11年ぶりなんです。お互いに年も重ね、いろいろな経験もしているので、さらにいいお芝居でぶつかり合うことができたらと思っています」と語っている。

 佐々木さんは「『数学を突き詰める』のと『役を突き詰める』のは、ある部分では似ているところもあるのかもしれませんが、私とは全く比較になりません。天才・岡潔さんの学問研究への覚悟や捧げ方に心から敬意を表し演じなければと思っています」と気を引き締めている。また天海さんとの共演については「天海祐希さんとは共演経験も多く、全面的に信頼をしています。役者同士、今何が一番有効な表現方法なのかというのを、建設的に、気兼ねなく話せます。同い年ですが、天海姉さんについていきます(笑い)」とコメントした。

MANTANWEBの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon