古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

小倉智昭、膀胱がん摘出手術後初の公の場に登場「元気です!」 舌鋒鋭いツッコミ健在

ORICON NEWS のロゴ ORICON NEWS 2019/01/11 18:07 ORICON NEWS
7日の放送から番組に復帰した小倉智昭 © (C)ORICON NewS inc. 7日の放送から番組に復帰した小倉智昭

 膀胱がんの全摘出手術およびリハビリのため、昨年11月27日からフジテレビ系朝の情報番組『とくダネ!』(月~金 前8:00)を休養し、今月7日に復帰したばかりの倉智昭(71)が11日、東京ドームで行われている『ふるさと祭り東京2019―日本のまつり・故郷の味―』(20日まで)ライトダウンセレモニーに参加。復帰後初の公の場で元気な姿を見せた。

 この日、同イベントのスペシャルプロデューサーを務める小倉は、ピンクのワイシャツに赤いチェックのジャケットで登場。「このイベントに合わせるように退院しました。元気です!」と茶目っ気たっぷりに語り、笑顔を見せた。

 ナビゲーターを務める橘ケンチは、ふるさと祭りがきっかけで秋田まで足を運んで自身の日本酒を作るほど、のめり込んだことを告白。小倉が「密造酒じゃないの?」とイジると、ケンチは「そんなわけないじゃないですか!」と大慌て。続けて「みんな、EXILEの後のことも考えるんだな」と重ね、苦笑いさせていた。小倉の切れ味にサビつきはまったくないようだ。

 7日の放送から番組に復帰した小倉は冒頭で「予定より1ヶ月早く帰ってきてしまいました」とあいさつ。医師から「(経過が)良すぎるので、1月いっぱい休んだら体を持て余す。好きに仕事をしてください」と言われたことから、早期復帰を決断したという。現状について「まだリハビリは完璧ではありませんから、排尿のコントロールはほぼうまくいってないという状況なんですが、たぶん放送中に御迷惑をかけることはないと思うんで。精神的にはかなり元気になりました。体のどこにもがんがないっていうのは分かって、ほっとした」と語っていた。

 小倉は2016年5月13日に同番組内で初期の膀胱がんを公表。手術のため1週間休養し、5月23日に番組に復帰。昨年11月5日の番組で膀胱がんで全摘手術をすることを明かし「根治を目指す」と話していた。

 『ふるさと祭り東京』は今年で11回目。全国のお祭りとご当地の味が集結し、青森ねぶた祭のお囃子(はやし)や跳人の実演のほか、『全国ご当地どんぶり選手権』『お祭り串グルメ&地酒セレクション』『ふるさとサンド市』など日本各地のグルメが提供される。

 ライトダウンセレモニーにはEXILE USA、EXILE TETSUYAも参加した。

ORICON NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon