古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

斎藤工 主演映画が公開危機 東京五輪中止の設定に「お叱りが…」

デイリースポーツ のロゴ デイリースポーツ 2019/02/12 15:53 デイリースポーツ/神戸新聞社
フンドシストに選ばれた浅川梨奈、吉村崇、斎藤工=東京・丸の内 © デイリースポーツ フンドシストに選ばれた浅川梨奈、吉村崇、斎藤工=東京・丸の内

 俳優の斎藤工(37)が12日、都内で行われた「ベストフンドシストアワード2018」受賞式に登場し、主演映画「麻雀放浪記2020」(4月5日公開)が“公開危機”に陥っていることを明かした。

 「麻雀-」は「孤狼の血」の白石和彌監督が同名小説を大胆解釈した注目作。映画で斎藤がふんどし姿の主人公・坊や哲となり、大暴れしていることから新人賞を受賞した。受賞あいさつでは「今年、ふんどしとともに過ごすというのが今、課せられたこと。僕ではなく、昭和のふんどし雀士・坊や哲が受賞したんだと思います」と喜びの声を届けたが、映画自体はピンチを迎えているという。

 1月31日に国会議員の麻雀議連限定試写を開いた際、東京五輪が中止となる映画の設定に“クレーム”が入り、斎藤は「(公開中止になる可能性が)あります」と渋い顔。マスコミ向けの試写は行わない方針で「設定自体がお叱りを受けています。試写をしてしまうといろんな指摘を受けて、(公開予定が)ゼロになる可能性もあるので、強行していきたいなということですよね」と内情を明かした。

フンドシストに選ばれた浅川梨奈、吉村崇、斎藤工=東京・丸の内 © Copyright(C) 2012 デイリースポーツ/神戸新聞社 All Rights Reserved. フンドシストに選ばれた浅川梨奈、吉村崇、斎藤工=東京・丸の内

 関係者によると、斬新過ぎる脚本に当初から「公開できるのか…?」と危惧する声が上がっており、昨年末の時点で作品は完成していたもののマスコミ向け試写の中止を決断。試しに議員試写を行ったところ、疑問を呈され「やっぱり…」となったという。

 とはいえ、フンドシスト新人賞の受賞者として、斎藤は「(映画では)ふんどしの使い方が斬新で、倍満ですよ。ふんどしにいろんなものが表示されて、字幕みたいに使われる。ふんどし映画です」とアピール。映画が公開を“ツモれる”のか注目される。

デイリースポーツの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon