古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

本田望結、声優業の難しさ実感 山寺宏一の“熟練技”に脱帽

ORICON NEWS のロゴ ORICON NEWS 2018/03/14 13:21
慣れない声優業に体当たりで挑んだ本田望結 © (C)ORICON NewS inc. 慣れない声優業に体当たりで挑んだ本田望結

 女優の本田望結が14日、都内で行われたアニメ『ガラスの地球を救え!』の完成披露試写会に出席した。

 同アニメは、日本動画協会『アニメ NEXT_100』と、環境省が展開する地球温暖化対策の国民運動「COOL CHOICE」の一環として制作。漫画家・手塚治虫氏の同名エッセイ集を原作に、「地球との約束」「私たちの未来」の2つのエピソードで地球温暖化の意識を啓発する。

 今作で初のアニメ主演声優を務める本田。地球温暖化問題を「学校では習っていた」というが、オファーを受けて知識不足を実感したという。演じる上で「自分自身、環境についてしっかりと気持ちを持ってないと演じられないと思い、今まで以上に環境のことを勉強しました」と明かし、本気度を垣間みせた。

 慣れない声優業にも体当たりした本田だが、劇中の「水の中で話すシーン」には、特に苦戦した様子。指で唇を震わせるなど、工夫をして演じきったと明かすと、ベテラン声優の山寺宏一が“お手本”として指を使わずに水中にいるような声色を披露。本田は「すごい!」と“熟練技”に脱帽していた。

 試写会にはそのほか、足立梨花、富田望生、冨永みーなが出席。テーマソング「僕の幸せ」を担当する高橋優がビデオメッセージを寄せた。

ORICON NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon