古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

梅田彩佳主演の新感覚エンターテインメント『SEPT Vol.7~FATALISM~』8月に上演 前田亜美、杉浦太陽もゲスト出演

ORICON NEWS のロゴ ORICON NEWS 2017/06/28
梅田彩佳が主演を務める『SEPT Vol.7~FATALISM~』(8月2日~7日/銀座博品館劇場)。 © 芸能ニュース 提供 梅田彩佳が主演を務める『SEPT Vol.7~FATALISM~』(8月2日~7日/銀座博品館劇場)。

 梅田彩佳が主演を務める、ファンタジー・エンターテインメント『SEPT Vol.7~FATALISM~』が、8月2日~7日まで銀座博品館劇場で開催される。

 『SEPT』シリーズの第7作目となる『FATALISM』は、メインストーリーと日替わりエピソードを組み合わせた変則オムニバスストーリーで構成され、歌、生バンド演奏、芝居、ダンス、アクロバット、殺陣などをふんだんに盛り込んだエンターテインメントとなっている。

 主演は昨年4月にNMB48を卒業した梅田彩佳。宮本亜門『ウィズ~オズの魔法使い~』の主演も務めるなど、ダンス&歌の実力は折り紙つき。さらに橋本全一、椿隆之、吉岡毅志ら多数の実力派俳優陣が脇を固める。

 脚本を務めるプロデューサーの杉浦タカオは「ライブハウスから初めたSEPTシリーズが銀座博品館劇場へステージ移し、音楽と芝居の織りなすエンターテイメントをより多くのお客様にお楽しみいただけるように頑張ります!」と意気込む。

 また、杉浦タカオの兄である杉浦太陽、元AKB48の前田亜美、PrizmaXの清水大樹、後藤健流らのゲスト出演も決定し、ステージに華を添える。

 『SEPT Vol.7~FATALISM~』は8月2日~7日まで、銀座博品館劇場で開催。

ORICON NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon