古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

正義のセ:第3話視聴率は10.3%と再び2けた 吉高由里子主演ドラマ

MANTANWEB のロゴ MANTANWEB 2018/04/26 10:30 MANTAN Inc.
連続ドラマ「正義のセ」に出演する(左から)三浦翔平さん、吉高由里子さん、原作者の阿川佐和子さん、出演者の安田顕さん © MANTANWEB 連続ドラマ「正義のセ」に出演する(左から)三浦翔平さん、吉高由里子さん、原作者の阿川佐和子さん、出演者の安田顕さん

 女優の吉高由里子さんが主演の連続ドラマ「正義のセ」(日本テレビ系、水曜午後10時放送)の第3話が25日、放送され、平均視聴率は10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。

 「正義のセ」は、エッセイストでタレントの阿川佐和子さんによる同名小説が原作で、吉高さん演じる竹村凜々子が検事として、女性として成長していく姿を描く“痛快お仕事ドラマ”。平均視聴率は初回が11.0%、第2話が9.9%を記録。第3話で2けたに回復した。

 第3話は、凜々子(吉高さん)が結婚詐欺事件を担当することになるが、容疑者の鈴木正夫(三浦貴大さん)は容疑を否定し、警察も決定的な証拠をつかめずにいた。凜々子は検察事務官の相原勉(安田顕さん)とともに事件の証拠を探す中、恋人の優希(大野拓朗さん)からプロポーズをされ、人生の大きな決断に迫られる……というストーリーだった。

MANTANWEBの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon