古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

エアバス:A350-1000日本初飛来、羽田で報道公開

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2018/02/14 09:42

「義理チョコの代わりに」披露

報道陣に公開されたエアバスA350-1000=東京都大田区の羽田空港で2018年2月14日、米田堅持撮影 © 毎日新聞 報道陣に公開されたエアバスA350-1000=東京都大田区の羽田空港で2018年2月14日、米田堅持撮影

 ヨーロッパの旅客機メーカー・エアバス社は14日、同社の最新型旅客機A350-1000を東京・羽田空港の日本航空(JAL)格納庫で報道関係者に初公開した。A350-1000は日本初飛来となる。

 同機は2016年に初飛行。すでに中東を中心に169機を受注しており、日本ではJALが13機を発注している。JALは主力機の一つであるボーイング777に代わる機体として19年以降の運航開始を目指している。

 同機は双発で全長73.8メートル。A350の中でも胴体を延長して乗客数を増やした。乗客数は約350人。新型エンジンに加え、新素材を多用するなどして軽量化し、既存機より25%以上も運航コストが安いという。

 エアバス社は今回、経済成長が著しい中東やアジア各国の航空会社からの受注拡大を目標に掲げ、シンガポール航空ショーへの参加に加え、中東・アジア太平洋地域への約3週間の売り込みツアーの一環として日本にも飛来した。

 セレモニーでエアバス・ジャパンのステファン・ジヌー社長は「今日はバレンタインデーだが、義理チョコより本物の飛行機、A350-1000を持ってきた。気に入っていただけると思う」とユーモアたっぷりにあいさつ。JALの植木義晴社長は「導入に向け夢と希望をもって努力していきたい」と笑顔を見せた。【米田堅持】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon