古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

常磐線新駅は「Jヴィレッジ駅」=福島

時事通信 のロゴ時事通信 2018/10/11 12:30 時事通信社
2019年4月の供用開始を目指し建設中のJヴィレッジ駅=11日午前、福島県楢葉町・広野町 © 時事通信社 2019年4月の供用開始を目指し建設中のJヴィレッジ駅=11日午前、福島県楢葉町・広野町

 サッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)近くで建設されるJR常磐線の新駅の名称について、JR東日本は11日、「Jヴィレッジ駅」と決まったと発表した。同社管内でアルファベットがつく駅名は初という。施設の全面再開が予定される2019年4月の供用開始を目指す。

 同社水戸支社によると、新駅は5月に着工してから全体の約6割まで工事が進んでいる。駅舎とホームの高低差が約20メートルあり、エレベーターやスロープを設置してバリアフリー化する。同支社の三浦博信営業部長は「地域を表すのにふさわしい駅名で、乗客も分かりやすい。復興のシンボルとして貢献できれば」と述べた。 

image beaconimage beaconimage beacon