古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

新型iPhone、デュアルSIM対応は「中国限定」か

Forbes JAPAN のロゴ Forbes JAPAN 2018/08/08 16:30 Gordon Kelly

© atomixmedia,inc 提供 アップルから新たに発売される端末「iPhone X Plus」関連のリーク情報が相次いでいるが、価格を抑えたLCDディスプレイ搭載の6.1インチ端末に関しても、非常に興味深いニュースが浮上した。

中国メディアの「Economic Daily News(EDN)」は関係筋から得た証言で、iPhone X PlusがデュアルSIM対応になるとの噂を否定した。デュアルSIMが搭載されるのは、安価な6.1インチ端末のみになるという。

iPhoneの新モデルがデュアルSIM対応になることは、iOS 12のベータ版のコードでも確認されている。しかし、アップルはなぜ安価なモデルだけをデュアルSIM対応にするのだろう。

EDNによると、アップルはデュアルSIM端末を中国限定で販売し、その他の国では従来と同じシングルSIMの端末を販売する計画なのだという。

中国ではデュアルSIM端末のニーズが非常に高いことが知られているが、アップルがなぜ中国限定でこの仕様を実装するのかは不明だ。また、6.1インチ端末のみをデュアルSIMにする理由も見えてこない。

競合のサムスンの場合は、国によって端末の仕様を変えるのは珍しいことではない。しかし、アップルはこれまでマーケットごとに仕様を変えることはなかったし、これはアップルのファンが高く評価するポイントでもあった。

EDNの報道が正しいのであれば、アップルはこれまでの方針を改め、安価な6.1インチ端末のみに新たなテクノロジーを導入することになる。一方で今年のiPhone Xは昨年のモデルのアップデート版になるとみられている。また、iPhone X Plusはサイズの大きなiPhone Xという位置づけだ。

一方で、6.1インチ端末のディスプレイには「Full Active LCD」という新たなテクノロジーが投入され、上位モデルのiPhone XやiPhone X Plusよりも狭いベゼル幅を実現するとの噂も浮上している。

アップルは今年発売する新型iPhoneの価格を、全体的に引き下げる見込みだが、なかでも最も安価な6.1インチ端末が主力製品になることは確実だ。6.1インチ端末の名称については様々な説が浮上しているが、iPhone 9と名づけられる可能性もある。

Forbes Japanの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon