古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「渡りきれると思った」 遮断棒くぐり踏切内で列車と接触 JR宝塚線で人身事故

神戸新聞NEXT のロゴ 神戸新聞NEXT 2018/10/12 09:17 神戸新聞NEXT/神戸新聞社
神戸新聞NEXT © Copyright(C) 2018 神戸新聞社 All Rights Reserved. 神戸新聞NEXT

 12日午前6時すぎ、兵庫県宝塚市星の荘、JR宝塚線中山寺-宝塚間の踏切で、線路内に入った近くの男性(75)と新三田発京都行き普通電車が接触した。

 宝塚署によると、男性は右肘に軽傷。遮断棒をくぐって踏切に入り、「渡りきれると思った」と話しているという。

 JR西日本によると、上下線で一時運転を見合わせたが約1時間後に再開。この事故で宝塚線などの計10本が最大約1時間遅れ、25本が部分運休するなどして約2万4千人に影響した。

神戸新聞NEXTの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon