古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「運転あかんよ」警官の配慮無視 酒気帯び容疑で男逮捕

神戸新聞NEXT のロゴ 神戸新聞NEXT 2017/10/17

 警察官の“配慮”を無視して酒気帯び運転をした疑いで、兵庫県警尼崎南署は17日、尼崎市の自営業の男(36)を現行犯逮捕した。コンビニの駐車場で注意を受け、家族の迎えを待つはずが、警察官が立ち去った直後に車を動かしたという。

兵庫県警尼崎南署=尼崎市昭和通2 © 神戸新聞NEXT/神戸新聞社 兵庫県警尼崎南署=尼崎市昭和通2

 逮捕容疑は、17日午後10時20分ごろ、尼崎市内のコンビニ前の道路で、酒を飲んだ状態で乗用車を運転した疑い。呼気から1リットルあたり0・5ミリグラムのアルコールが検出された。

 同署によると、10分ほど前、コンビニの駐車場でビールの缶が車内にある車を同署員が発見。運転席にいた男から酒の臭いがしたため、「運転したらあかんよ」と注意し、家族に電話をかけさせて迎えにきてもらうよう手配したという。

 同署員はパトカーで現場を離れたが、付近を回って戻ってきたところ、駐車場から出る男の車を見つけた。同署の調べに「コンビニで缶ビールを買って飲んだ。自宅も近いし、警察官がいなくなったので大丈夫だと思った」などと供述しているという。

神戸新聞NEXTの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon