古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

不正アクセス:人事情報を私物HDに 奈良市職員を処分

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2017/05/19

 奈良市は19日、内部のネットワークに不正にアクセスし、人事異動データなどを私物の記憶媒体に保存したとして住宅課の男性課長補佐(53)を停職1カ月の懲戒処分にした。住民情報へのアクセスや外部流失は確認されていないという。

 市によると、課長補佐は少なくとも2013年4月~16年2月、ネットワークの管理者だけが知るパスワードを使い、人事異動や機構改革などの内部情報ファイル延べ約3000件にアクセス。うち約400件のデータを私物のハードディスク(HD)に保存したという。

 市によると、課長補佐は09年3月までネットワークを管理する情報政策課に所属。市の調査に対し、「ネットワークの検証をしていた」と説明しているという。市は、規定に反して9年以上もパスワードを変えておらず、「リスク管理が甘かった」と陳謝した。

 他に、飲酒運転をした保護第二課の男性係長(42)=道交法違反(酒気帯び運転)罪で略式起訴=を停職4カ月とし、万引きをした保健予防課の女性職員(48)=窃盗罪で起訴猶予処分=を停職3カ月、駐在所の掲示板を壊した下水道計画管理課の男性主幹(54)=器物損壊罪で起訴猶予処分=を戒告とする処分も併せて発表した。【塩路佳子】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon