古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中国外相、河野氏に「失望」=南シナ海、日本は自制促す

時事通信 のロゴ時事通信 2017/08/07

 【マニラ時事】河野太郎外相は7日夜、訪問先のマニラで中国の王毅外相と会談した。南シナ海問題をめぐり河野氏が同日の東アジアサミット外相会議で懸念を示すなどしたことに関し、王毅氏は会談の冒頭、「率直に言って失望した」と述べた。南シナ海で中国が進める軍事拠点化の動きに反対している日米両国をけん制する狙いがあるとみられる。  王氏は、南シナ海での米国の「航行の自由作戦」を日本が支持していることを念頭に、「(河野氏の発言は)米国があなたに与えた任務のような感じがした」との認識を示した。これに対し、河野氏は「中国には大国としての振る舞い方を身につけていただく必要がある」と述べ、中国に自制を促した。  王氏は、河野氏の父、洋平氏が官房長官時代に発表した慰安婦問題に関する談話について「日本の誠意を代表している」と評価。「あなたがお父さんの経験した歴史の教訓と正確な意見を大事にするよう望む」と語った。  河野氏は北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に関し、新たな国連安全保障理事会決議の厳格な履行を含め中国に建設的な対応を要請。王氏は中国独自の制裁実施には難色を示した。   両外相は、東シナ海での偶発的衝突を防ぐ海空連絡メカニズムの早期運用開始へ努力することで一致。河野氏は中国公船による沖縄県・尖閣諸島周辺への領海侵入や、日中中間線付近でのガス田開発に懸念を伝えたとみられる。中国で拘束された日本人の早期解放も求めた。  河野氏は自身の訪中に意欲を示し、王氏の訪日も招請した。河野氏は会談後、日中関係改善に向け「率直に言わなければいけないことは言う」と記者団に語った。一方、王外相は中国メディアに「河野氏は誠実な人だ。関係改善の意欲が政策に反映されるよう希望する」と述べた。(了)

image beaconimage beaconimage beacon