古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

佳子さま、イギリス・リーズ大学に留学も懸念される「治安の悪さ」

週刊女性PRIME のロゴ 週刊女性PRIME 2017/05/10 週刊女性PRIME [シュージョプライム]
ロンドンから電車で2時間ほどの距離にあるリーズ大学(写真/リーズ大学HPより) © 週刊女性PRIME ロンドンから電車で2時間ほどの距離にあるリーズ大学(写真/リーズ大学HPより)

「世界各国から留学生が集まるので文化的に多様性があり、幅広い分野を履修できることが決め手だったそうです」(皇室担当記者)

 秋篠宮家の次女で国際基督教大学(ICU)3年生の佳子さまは、学内の『交換留学プログラム』に応募され、今年の9月から来年6月まで英国中部のリーズ大学へ留学することに。同大学で学ばれるのは皇室では初めてのこと。

 過去にも皇室の方々がイギリスに留学するケースは多く、皇太子さま(57)と秋篠宮さま(51)も、それぞれ'83年と'88年から2年間にわたって同国のオックスフォード大学で学ばれた。

「姉の眞子さま(25)もICU3年生時の'12年にイギリスのエディンバラ大学に留学され、その2年後には同国のレスター大学大学院で1年間、博物館学を専攻されていました」(前出・皇室担当記者)

 そんな皇室と縁のある国に留学する佳子さまは、現地でどんな生活を送られるのだろうか。リーズ大学の出身者らに話を聞いてみた─。

 創立から100年以上の歴史があり、毎年6000人以上の留学生を受け入れるリーズ大学は、どんな学校なのか。

「イギリスの総合大学です。人文科学系や理工系、演劇を学ぶコースまで、幅広い学科を設けているところが魅力ですね」

 そう話すのは、過去にリーズ大学で学んでいたOG。心理学や芸術分野など、幅広く学びたいという希望を持つ佳子さまには、うってつけの大学のようだ。

キャンパス内は広く、図書館の蔵書数も豊富で自習用のスペースも多いです。スポーツジムではランニングマシンなどの運動マシンのほか、エアロビクスのプログラムも希望すれば体験できますよ

佳子さまも汗を流される!?

 '13年にアメリカで約1か月のホームステイを経験されている佳子さま。しかし、今回のような約10か月もの留学となれば、現地の学生寮にお入りになる可能性もあるだろう。

「キャンパス内や郊外、街中など、たくさんの学生寮から選ぶことができます。それぞれ個室が与えられますが、キッチンは共用です。トイレやシャワーは個室に備えられている寮が多いです」(前出・リーズ大学OG)

 日本では身の回りのお世話をしてくれる職員がついていたが、現地ではご自分で日常生活を送らなければならない。

食事は基本的に自炊です。大学から歩いて20〜30分ほどのところに街があるので、スーパーなどに買い出しに行くことが多いですね。

 寮にはランドリールームが常備され、自分で洗濯をします。イギリスは天気が悪いことが多いので、乾燥機にかけることが多いです」(同・ОG)

 皇太子さまは留学中にランドリーに洗濯物を詰め込みすぎて、洗剤の泡が噴き出してしまう“珍事件”を起こされたが、佳子さまは大丈夫!?

 リーズの治安について、'99年までリーズ大学大学院に在籍していた青山学院大学大学院教授で国際マネジメント研究科の須田敏子さんは、

移民が多く、低所得者で金銭をねだる人もいるなど日本より治安は悪いです。昼間は集団で街に出かければ問題ないですが、夜は気をつけなければなりません

 日本において皇室の方々には、「側衛」と呼ばれる皇宮護衛官が常に警護しているが、佳子さまの留学中は?

 元宮内庁職員で『いま知っておきたい天皇と皇室』(河出書房新社)の著書がある皇室ジャーナリストの山下晋司さんは、

基本的に外国留学中の警護は現地の警察に任せます。どのような形の警護態勢をとるかは、日本側と現地とで協議して決めると思います。皇太子殿下の場合は、現地の屈強な警察官がついていました。

 ただ、皇太子殿下とはお立場が違いますので日本国内よりも警護が緩くなるでしょう。おひとりで街を歩かれることもあるかもしれません

 授業が終わった放課後は、どう過ごされるのだろうか。

「街にはオペラハウスや美術館などの文化施設も充実していて、徒歩圏内にはクリケットやラグビーの試合ができる競技場があるのでスポーツ観戦もできますよ。

 リーズは人口70万人くらいの商業都市で、洋服店やお菓子店、市場もあります。食パンやじゃがいもなど日常的に食べる商品の物価も日本の半額以下で購入できますね」(前出・リーズ大学OG)

 留学時代の眞子さまは“庶民派スーパー”で食料品などを購入するのに「クレジットカード」を使われていた。

「皇太子殿下も眞子内親王殿下も現地でクレジットカードを使っておられたので、佳子内親王殿下も同様にお持ちになるでしょう」(山下さん)

週刊女性PRIMEの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon