古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

信号機倒れ、線路ふさぐ=重さ220キロ、運休90本以上-札幌

時事通信 のロゴ時事通信 2018/11/09 21:14 時事通信社
線路に倒れた出発信号機=9日午後、札幌市厚別区(JR北海道提供) © 時事通信社 線路に倒れた出発信号機=9日午後、札幌市厚別区(JR北海道提供)

 9日午後0時40分すぎ、札幌市厚別区のJR千歳線新札幌駅構内で、下り線用の出発信号機が倒れ、上下線の線路をふさいでいるのを札幌発苫小牧行きの上り普通列車の運転士が見つけ、指令センターに連絡した。

 けが人はいなかったが、運輸安全委員会は事故につながる恐れのある重大インシデントに当たると判断。10日に事故調査官2人を現地に派遣する。

 JR北海道によると、倒れた信号機の高さは約5メートル、重さは約220キロ。この影響で90本以上の列車が運休となったほか、遅れも多数発生した。 

image beaconimage beaconimage beacon