古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

台風19号、気象庁の予想進路、米軍の見方は 最新情報に注意 2021年

福井新聞 のロゴ 福井新聞 2021/10/13 08:07 福井新聞社
写真を拡大 台風19号の予想進路=2021年10月13日午前6時時点(気象庁HP引用) © 福井新聞社 写真を拡大 台風19号の予想進路=2021年10月13日午前6時時点(気象庁HP引用)

写真を拡大 2021年10月13日午前時点の台風19号の予想進路図(JTWCより引用)。台風の通過時間は、Zを単位とする数字。日本時間は9を足した時間。KTSは中心付近の最大風速を表す。単位はノット(約 0.514m/s) © 福井新聞社 写真を拡大 2021年10月13日午前時点の台風19号の予想進路図(JTWCより引用)。台風の通過時間は、Zを単位とする数字。日本時間は9を足した時間。KTSは中心付近の最大風速を表す。単位はノット(約 0.514m/s)

 気象庁によると、台風19号(ナムセーウン)は2021年10月13日午前6時現在、南鳥島近海にあり、1時間に15キロの速さで北に進んだ。気象庁の進路予想によると今後、北東寄りに進路を変える見込み。日本へ接近する可能性は低いとみられるが、予想には幅があり今後の最新情報に注意が必要だ。また気象庁は周辺を航行する船舶に警戒を呼び掛けた。また、進路や接近時期について米軍合同台風警報センター(JTWC)の見方も参考に調べてみた。

台風19号の勢力と予想進路

 気象庁によると、台風19号は13日午前6時現在、南鳥島近海にあり中心気圧は998ヘクトパスカル。最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。中心の北東側560キロ、南西側185キロは風速15メートル以上の強風域になっている。予報では14日午前6時時点で中心気圧998ヘクトパスカル、最大風速20メートル、最大瞬間風速30メートル。15日午前3時時点で中心気圧1000ヘクトパスカル、最大風速18メートル、瞬間最大風速25メートルの見込み。

 13日午前6時現在、時速15キロで北に進んでおり、今後、北東寄りに進んで16日には南鳥島近海で熱帯低気圧に変わるとみられる。

米軍(JTWC)の見方は(参考)

 米軍合同台風警報センター(JTWC)の見方を調べてみると、台風19号は北寄りに進み今後北東へ進むとみている。中心付近の風速は13日午後3時ごろが約21メートル、14日午後3時が約18メートルの見込み。

台風「ナムセーウン」名前の由来

 台風防災に関する国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名前が付けられる。「ナムセーウン」の命名国はラオスで、同国中部を流れる「ナム・テウン川」の名称に由来する。

配信元サイトで読む

image beaconimage beaconimage beacon