古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

国民民主“積極財政への転換”重点政策発表

日テレNEWS24 のロゴ 日テレNEWS24 2021/09/15 16:46 NNN24

国民民主党は15日、次期衆議院選挙に向け積極財政への転換や3歳から高校生までの教育無償化などを盛り込んだ重点政策を発表しました。

国民民主党・玉木代表「日本をもう一度、頑張って働けば給料が上がるんだと、堂々といえるような国に変えていきたいと。そのために積極財政を我々は大胆に取り入れる」

重点政策では、積極財政への転換を強調し、国民への一律10万円の再給付や、感染収束までの消費税5%への引き下げ、10年間で150兆円の財政支出を行うとしています。

家計に対しては、現金給付と所得税減税を組み合わせ、生活に必要な最低限の金額を一律に保障する「日本型ベーシックインカム」を提案しています。

また、教育国債の発行などにより、義務教育を3歳からに引き下げ、高校までの教育無償化や児童手当の拡充を実現するとしています。

さらに、衆議院の被選挙権を18歳以上とする「18歳国会議員の実現」も掲げています。

一方、キャッチフレーズを「動け、日本。」とした新しいポスターも同時に発表されました。玉木代表は、「閉塞感漂う日本を動かしていかねばならないという思いから作った」「若い世代へのメッセージでもある」と述べました。

日テレNEWS24の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon