古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

官房長官「不適切で遺憾」 韓国国会議長の「天皇陛下の謝罪」発言

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2019/02/12 10:49 毎日新聞
衆院予算委員会で答弁する菅義偉官房長官=国会内で2019年2月12日午前10時21分、川田雅浩撮影 © 毎日新聞 衆院予算委員会で答弁する菅義偉官房長官=国会内で2019年2月12日午前10時21分、川田雅浩撮影

 菅義偉官房長官は12日午前の記者会見で、韓国国会の文喜相(ムン・ヒサン)議長が天皇陛下の謝罪で日韓歴史問題が解決するとの考えを示したことについて「はなはだしく不適切な内容を含み、極めて遺憾だ」と述べ、韓国政府に謝罪と撤回を求めたと明らかにした。

 日本政府は8日に外務省局長級の担当者間で、9日には長嶺安政駐韓大使から韓国外務省第1次官に対し、謝罪と撤回を求めた。韓国側からは文氏の発言について「早期の日韓関係改善を願う思いが出たもので、報道のされ方は文氏の本意ではなかった」と説明があったという。

 文氏は8日に配信された米ブルームバーグ通信とのインタビューで、天皇陛下が元慰安婦の手を握って謝罪すれば「その一言で(日韓の歴史)問題は完全に解決する」と述べていた。【高橋克哉】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon