古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

慰安婦像の寄贈受ければ姉妹都市解消…大阪市長

読売新聞 のロゴ 読売新聞 2017/10/23 読売新聞

 米サンフランシスコ市が、いわゆる従軍慰安婦の像と碑文の寄贈を民間団体から受ける計画を巡り、大阪市の吉村洋文市長は23日、姉妹都市提携60周年を記念して表敬訪問したサンフランシスコ市の代表団に「到底認められない」と述べ、寄贈を受ければ姉妹都市提携を解消する考えを伝えた。

 同市代表団側は「友好関係を末永く続けたい」としたが、今後の対応については言及しなかった。

 吉村市長は9月下旬、「一方的な主張をあたかも歴史的事実として刻んだ碑文は、単なる日本批判につながる。関係を根本から見直さざるを得ない」とする書簡を送付。サンフランシスコ市長は10月上旬、寄贈を受けるかどうかには触れず「大きな落胆を覚える」との書簡を返信していた。

読売新聞の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon