古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「救急車のサイレン鳴らさないで…」通報者次々「緊急じゃない?」

テレ朝news 2022/11/24 21:07 テレ朝news
「救急車のサイレン鳴らさないで…」通報者次々「緊急じゃない?」
次の動画
次の動画

 「救急車のサイレンを鳴らさないでほしい」。そんな通報者が増えているそうです。困った熊本市消防局。なぜサイレンが必要なのか、自ら再現VTRを作成し理解を求めました。

 熊本市消防局が公開した動画、実際の通報をもとに職員が再現しています。

 指令員(ケース1):「はい119番です、どうされました?」

 通報者(ケース1):「あのー救急車ってサイレン鳴らしますよね?いやー鳴らさないで来てほしいんですけど」

 なぜか、通報者は「救急車のサイレンを鳴らさないで来てほしい」と要望…。

 指令員(ケース1):「今、どんな症状おありですか?」

 通報者(ケース1):「ちょっとお腹痛くて…」

 指令員(ケース1):「腹痛ですね。救急車を向かわせるから住所教えて下さい」

 通報者(ケース1):「いやーサイレン鳴らさなくて来てもらえますか?」

 道路交通法では、緊急自動車は走行時に赤い警光灯をつけ、サイレンを鳴らして走行することが定められています。

 指令員(ケース1):「サイレンはですね、一刻も早く安全に現場に向かうために必要ですので」

 通報者(ケース1):「あー自分で行こうかなぁー」

 指令員(ケース1):「もし、途中にですね、悪化したりすると危ないですから」

 通報者(ケース1):「お父さーん。お父さーん、病院連れて行って」

 指令員(ケース1):「もしもし?」

 通報者(ケース1):「もう大丈夫です。どうにかします」

 お腹の痛みより、サイレンの音が気になるのか。要請を断りました。

 他にもこんな通報が…。

 通報者(ケース2):「救急車のサイレンは消して来てもらっていいですか?」

 指令員(ケース2):「救急車(のサイレン)は法律で決まっていますので」

 指令員(ケース3):「救急車は5分ほどで参りますので」

 通報者(ケース3):「あーサイレンはいらないです。鳴らさないで」

 通報者(ケース4):「ちょっと遅いんで時間が。サイレンとか使わないで来て下さい。緊急とかではないんで」

 救急車を呼びながら「緊急ではない」という通報者。さらに。

 通報者(ケース5):「サイレンとか鳴らさないでしょ」

 指令員(ケース5):「救急車はサイレン鳴らしてしか走れないので、鳴らしますよ」

 通報者(ケース5):「えーただの酔っ払いなので、よかですよ」

 熊本市消防局によると、先月寄せられた3385件の119番通報のうち、およそ150件が「サイレンを鳴らさないで」という要望があったといいます。

 ネット上では、「住宅街での低速走行時は大音量のサイレンは必要ない」という声の一方で、「緊急ではないのに救急車を呼ぶな」という意見もありました。

 熊本市消防局、警防部情報司令課・清水健太さん:「夜間の近所の喧騒(けんそう)を気にされるというのは我々も分かる。ご家族やご本人が思っている以上に症状が悪いことがあるので、サイレンを止めて向かうことはできない」

image beaconimage beaconimage beacon