古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

新神戸駅に大麻入りかばん 落とし主、引き取りに現れ御用

神戸新聞NEXT のロゴ 神戸新聞NEXT 2017/09/21

 兵庫県警葺合署は21日までに、大麻取締法違反(所持)の疑いで、名古屋市中区に住む無職の男(29)を逮捕、送検した。男はJR新神戸駅の新幹線ホームに大麻を入れたかばんを落とし、駅員に自宅に送るよう依頼したが、不審に思った駅員が機転を利かせて新神戸駅での引き取りを求め、駅に姿を現したところを逮捕された。

 送検容疑は18日午後7時半ごろ、JR新神戸駅のホームで大麻約2グラムを所持していた疑い。同署の調べに、容疑を認めているという。

神戸市中央区、葺合警察署 © 神戸新聞NEXT/神戸新聞社 神戸市中央区、葺合警察署

 同署によると、男は当時、四国での結婚式に出席した後、新神戸駅の新幹線ホームにかばんを落とし、拾得物として預かった駅員がかばんの中に、小さなポリ袋に入った大麻や吸引用とみられるパイプ、免許証などが入っているのを見つけた。

 男は同日夜のうちに、「かばんを落としたので、自宅に送ってほしい」と新神戸駅の駅員に電話で頼んだが、対応した駅員は、翌19日に新神戸駅まで取りに来るように指示した上で110番。19日昼、同駅で待機していた葺合署員が、かばんを受け取りに来た男に任意同行を求めた。

神戸新聞NEXTの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon