古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

本因坊戦、第4局再開 文裕の封じ手は中央を重視する一手

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2020/07/01 10:11 毎日新聞
本因坊戦第4局の2日目、開封した封じ手を芝野虎丸名人(左)に見せる立会の武宮正樹九段(中央)と、その手を打つ本因坊文裕=静岡県河津町の今井荘で2020年7月1日午前9時5分、手塚耕一郎撮影 © 毎日新聞 提供 本因坊戦第4局の2日目、開封した封じ手を芝野虎丸名人(左)に見せる立会の武宮正樹九段(中央)と、その手を打つ本因坊文裕=静岡県河津町の今井荘で2020年7月1日午前9時5分、手塚耕一郎撮影

 本因坊文裕(もんゆう)(31)=井山裕太九段=に芝野虎丸名人(20)が挑戦する第75期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛)の第4局が1日午前9時、静岡県河津町の今井荘で再開された。両者が前日の手順を盤上に再現した後、立会の武宮正樹九段が開封し、「封じ手(黒81)はオシ(4の十)です」と読み上げた。持ち時間8時間のうち1日目の消費時間は、文裕3時間42分、芝野3時間18分。

 第3局まで文裕が3連勝し、歴代2位タイとなる9連覇にあと1勝と迫っている。封じ手局面は解説の趙善津九段が「どこに打っていいか分からない」という難解なもの。中央での攻防が今後の焦点とみられているが、文裕の封じ手は左辺に白地を与える代わりに、中央を重視する一手を選んだ。【丸山進】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon