古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

現金1500万円を段ボールで送る 詐欺被害の高齢女性

神戸新聞NEXT のロゴ 神戸新聞NEXT 2018/08/10 20:19
兵庫県警灘署=神戸市灘区水道筋1 © 神戸新聞NEXT/神戸新聞社 兵庫県警灘署=神戸市灘区水道筋1

 神戸市灘区の女性(79)が10日、「『日本復興支援』という団体に1500万円をだまし取られた」と灘署に届け出た。架空の団体で、同署が詐欺容疑で捜査している。

 同署によると、5月7日、「高齢者相談窓口の職員」という男から自宅に電話があった。「復興支援名簿に名前が載っており、削除するには別人を載せないといけない。日本復興支援という団体が紹介してくれる」といい、女性が教えられた電話番号にかけると「顧客番号」を告げられた。

 女性は後日、「代わりに名簿に載った」と電話してきた男に顧客番号を伝えた。すると日本復興支援職員を名乗る男から電話があり「名義貸しは犯罪。解決金が必要」と言われ、女性は5月22日、指示された神奈川県内の住所に現金1500万円を入れた段ボール箱を送ったという。

神戸新聞NEXTの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon