古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

秩父:三峯神社、人気のお守り頒布を当面休止 6月から

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2018/05/16 08:42

 埼玉県秩父市三峰の三峯神社は15日、毎月1日に配る人気のお守り「白い氣守(きまもり)」の頒布を6月から当面休止すると発表した。人気が高じて4月には過去最長となる約25キロの渋滞ができ、路線バスが運休するなど市民生活に影響が出たことを重く見た。

三峯神社=埼玉県秩父市三峰で、松山彦蔵撮影 © 毎日新聞 三峯神社=埼玉県秩父市三峰で、松山彦蔵撮影

 大型連休があった5月は頒布を1日から11日に変え、大きな混乱はなかったが、神社は「今後も混雑具合を見越して頒布日を変えるわけにもいかない。渋滞の抜本的な解決策が整うまで苦渋の決断をした」と説明する。

 「白い氣守」は2013年から頒布している。

 人気が人気を呼び、昨年7月にも約18キロの渋滞が発生したことから、県や市が迂回(うかい)路の林道を緊急車両用の道路として整備するなど対策を講じてきた。

 県秩父地域振興センターは休止決定に「残念」としつつ、「駐車場を新設するなど解決に知恵を絞りたい」と話している。【松山彦蔵】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon