古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

筑豊電鉄:「撮り鉄」泣かせ 二つの顔持つ電車が運行に

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2018/11/09 18:21 毎日新聞
© 毎日新聞

 筑豊電気鉄道(福岡県中間市)は12日、1956年の開業当時の塗装と、77年に導入した塗装の両方を1編成に施し、二つの顔を持つ全国でも珍しい電車の運行を始める。

 上り(楠橋発黒崎駅前)は先頭と左側面が77年から2009年に活躍した通称「黄電(きなでん)」、後ろと右側面が開業当初の「西鉄マルーン&ベージュ」となる。

 一度で2倍楽しめ話題を呼びそうだが、写真撮影する方向によっては、一つの顔しか見せない「撮り鉄」泣かせの電車。同社は「ご不便をお掛けしますが、ご理解を」。【杣谷健太】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon