古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

自民・二階氏:「日中首脳、相互訪問を」習氏と会談

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2017/05/16

 【北京・水脇友輔】自民党の二階俊博幹事長は16日午前、中国の習近平国家主席と北京の釣魚台迎賓館で会談した。習氏は冒頭で「歴史をかがみに未来に向かう精神に基づき、両国関係を発展させていきたい」と表明。二階氏は安倍晋三首相からの親書を手渡し、適切な時期に日中首脳が相互訪問するよう要請した。

 両氏の会談は2015年5月以来。二階氏は、中国が提唱する経済圏構想「一帯一路」に関する国際首脳会議に出席したことを踏まえ「こうした関係で中国と日本が協力し合うことによって、何でもできるのではないか」と習氏に伝えた。

 習氏は今年が日中国交正常化45周年に当たるとしたうえで「両国関係は新たなチャンスに直面している。チャレンジにも対応しなければならない」と述べた。中国要人の訪日によって日中友好が進むことへの期待も示した。

 二階氏は、一帯一路の会議開催中の14日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを非難し、「中国と連携、協力して取り組みたい」と述べた。習氏から北朝鮮問題への具体的な言及はなかったという。

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon