古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

若冲らのコレクション、日本へ 出光美術館、米国の夫妻から購入

共同通信 のロゴ 共同通信 2019/06/24 20:50 共同通信社
伊藤若冲の「鳥獣花木図屏風」(部分、18世紀、出光美術館蔵) © KYODONEWS 伊藤若冲の「鳥獣花木図屏風」(部分、18世紀、出光美術館蔵)

 東京・丸の内の出光美術館は24日、伊藤若冲などの江戸美術収集で世界的に知られる米国のプライス夫妻のコレクション、190件を購入したと発表した。このうち若冲のモザイク画「鳥獣花木図屏風」など約80件を来年9~12月に同館で公開する予定。

 コレクションは、米国在住のジョー・プライス氏が1950年代から収集を開始。同美術館によると、今回の収蔵分には、18世紀の京都で活躍した若冲に加え、円山応挙のびょうぶ絵、酒井抱一の花鳥図などが含まれているという。

 1929年生まれのプライスさんは東日本大震災の後、被災地を励ましたいと岩手、宮城など各県でコレクションを公開。

配信元サイトで読む

image beaconimage beaconimage beacon