古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

藤井聡太七段 敗れる 年間最高勝率の記録更新は絶望的に

デイリースポーツ のロゴ デイリースポーツ 2019/03/11 18:06 デイリースポーツ/神戸新聞社
久保利明九段(手前右)に敗れた藤井聡太七段=関西将棋会館 © Copyright(C) 2012 デイリースポーツ/神戸新聞社 All Rights Reserved. 久保利明九段(手前右)に敗れた藤井聡太七段=関西将棋会館

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)が11日、大阪市の関西将棋会館で行われた棋聖戦二次予選で、決勝トーナメント進出をかけて久保利明九段(43)と公式戦初対決。タイトル通算7期、順位戦A級に所属する実力者に127手で敗れた。

 藤井七段の今年度の成績は42勝8敗(未放映のテレビ対局を除く)となり、勝率は・840。残りの対局は少ないとみられ、中原誠十六世名人(71)が1967年度に記録した過去最高の8割5分4厘5毛(47勝8敗)を上回ることは絶望的になった。

 対局後、藤井七段は、勝率記録の更新が難しくなった敗戦について「そのことについては自分では意識していないので。それは(これまでと)変わらない。1局、1局、(目の)前の対局に全力を尽くしていければなと思います」とコメント。久保九段は、藤井七段について「非公式戦では(17年12月に)1局、負けてる。トップ棋士と思って準備している」と、強豪であるとの認識を明かした。

デイリースポーツの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon