古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

豪雨警戒中に飲み会 写真投稿の自民議員、地元で批判の声

神戸新聞NEXT のロゴ 神戸新聞NEXT 2018/07/12 12:31

 西日本豪雨の被害が迫っていた5日夜、自民党国会議員ら約50人が宴会を開いたことを巡り、安倍晋三首相と共に出席し、写真をツイッターに投稿した西村康稔官房副長官(兵庫9区)の地元で批判の声が上がっている。兵庫県内では当時、10万人以上に避難勧告が出ており、阪神・淡路大震災を経験した淡路島の住民らは「緊張感が足りない」と厳しい目を向ける。

西村康稔衆院議員 © 神戸新聞NEXT/神戸新聞社 西村康稔衆院議員

 淡路島と本州をつなぐ明石海峡大橋は6日未明以降、大雨の影響で通行止めになった。洲本市内の農業の男性(75)は「出席せざるを得ない事情があったのだろう」としつつも「島内では食料品が不足したのに。政治がますます信用できなくなる」。同市の女性会社員(42)は「阪神・淡路の被災地選出の議員だからこそ、災害には敏感であるべきなのに残念」と憤った。

 自民党内からも苦言が聞かれた。党県連の谷公一会長(兵庫5区)は「批判を甘んじて受け止める必要がある。政治家は最悪の事態を想定しないといけない」とくぎを刺す。別の県連幹部は「被害がまだ出ていなかったかもしれないが、投稿は軽率な行動」とあきれる。

 西村氏の事務所には批判の電話やメールが寄せられ、11日午後、自身のツイッターで「災害発生時に会合を開いているかのような誤解を与え、不愉快な思いを抱かせたことをおわび申し上げます」と謝罪。宴会には藤井比早之衆院議員(兵庫4区)も参加していた。

神戸新聞NEXTの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon