古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

23区私大、定員増認めず=来年度から、告示改正へ-文科省

時事通信 のロゴ時事通信 2017/08/13

 文部科学省が2018年度から、東京23区内の私立大の定員増を原則的に認めない方針を固めたことが13日、分かった。若者の東京一極集中の是正が目的で、同省は近く大学の設置などに関する告示の改正案を示し、パブリックコメントを実施する。  同省関係者によると、告示改正案には23区内での定員増を認めないことを明記。既に大学が機関決定し、土地の購入など一定の準備を進めている場合は例外的に認める。  大学が23区内での新学部設置を希望する際はその定員分、既存の学部の定員を減らすことなどが求められる見通し。  23区内での大学の定員をめぐっては、政府の有識者会議が5月、「定員増を認めない」とした中間報告をまとめた。これを受け、6月に閣議決定された地方創生の基本方針にも「定員増は認めないことを原則とする」との方針が盛り込まれた。  政府は定員規制を導入する法整備を検討し、具体的な制度について年内に成案を得るとしているが、実現までは文科省による告示の改正で対応することにした。   文科省は例年3月と6月に私大の定員変更の申請を受け付けている。政府の方針を受け、今年は6月の申請期間に関し、23区内で18年度の定員増を申請する場合は10月まで延期する省令改正をし、対応を検討していた。告示の改正により、定員増の申請は原則できなくなる見込み。(了)

image beaconimage beaconimage beacon