古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

東京都、感染者の全数把握を継続 小池知事「当面現在の運用」

共同通信 のロゴ 共同通信 2022/08/25 19:45 共同通信社
東京都の新型コロナウイルスのモニタリング会議に出席した小池百合子知事=25日午後、都庁(東京都提供) © KYODONEWS 東京都の新型コロナウイルスのモニタリング会議に出席した小池百合子知事=25日午後、都庁(東京都提供)

 東京都は25日、新型コロナウイルスのモニタリング会議を開いた。小池百合子知事は、政府が示した感染者の全数把握見直しについて「当面は現在の運用を続けていく」と述べ、発生届の提出を高齢者ら重症化リスクの高い患者に限定しない方針を明らかにした。

 小池氏は、医療機関が作成する発生届について「感染動向の把握に加え、患者さん一人一人の健康状態を把握し、必要な医療につなげる重要な機能がある」と強調した。医療機関や保健所の負担軽減のため、都はオンラインで陽性者登録できる仕組みの整備や、デジタル化などを進めてきたとしている。

共同通信 の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon