古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

1歳男児に長期間わずかな食事か 埼玉の放置死事件

共同通信 のロゴ 共同通信 2018/05/16 19:01 共同通信社

 埼玉県警は16日午後、同県桶川市で1歳の三男を衰弱死させたとして保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した両親について、桶川市の建設関係会社員山辺拳士郎容疑者(25)と、妻の無職仁美容疑者(25)と明らかにした。三男の晴ちゃんには身体的な虐待の痕がなく、長期間わずかな食事しか与えられていなかったとみて捜査している。

 県警によると、発見時、晴ちゃんは同年齢の標準体重の半分以下に当たる約3.8キロ。身長は平均より約15センチ低い約60センチだった。子ども3人のうち、長男(4)と次男(3)は健康状態に問題がなく、児童相談所を通じて施設に保護された。

共同通信の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon