古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

1階玄関が施錠、無理心中か 広島の民家に夫婦と女児の3人遺体

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2019/11/08 21:12 毎日新聞
広島県警本部が入る広島県庁東館=広島市中区で、小山美砂撮影 © 毎日新聞 広島県警本部が入る広島県庁東館=広島市中区で、小山美砂撮影

 8日午後0時5分ごろ、広島市安芸区瀬野町の2階建て住宅で、この家に住む会社員、増田哲伸(あきのぶ)さん(40)と妻真由子さん(36)、娘とみられる3歳くらいの女児が死亡しているのを、広島県警海田署員が見つけた。現場に凶器とみられる包丁が残されており、1階玄関が施錠されていたことなどから、県警は無理心中の可能性があるとみて調べている。

 増田さん夫妻は娘と3人暮らし。県警によると、哲伸さんは1階浴室、真由子さんは1階廊下、女児は2階で、それぞれ倒れていた。全員に刺し傷があり、1階には血のついた包丁が落ちていた。

 敷地内に止めてあった軽トラックの周辺に、割れた瓶や血のようなものがついた腕時計などが散乱しているのを不審に思った近くの男性が、午前11時15分ごろ110番したという。

 現場はJR瀬野駅の北西約2キロにある閑静な住宅街。近くに住む女性は「娘さんは会うと『ばいばい』と手を振ってくれる可愛い子。驚いています」と話した。【手呂内朱梨、中島昭浩】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon