古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【あるある】「青春18きっぷ」で東京から東北・北海道を目指したら感じること50連発

ロケットニュース24 のロゴ ロケットニュース24 2018/09/12 13:13 砂子間正貫
(ロケットニュース24 / ソシオコーポレーション) © ロケットニュース24 提供 (ロケットニュース24 / ソシオコーポレーション)


JRの普通列車・快速列車が乗り放題になる「青春18きっぷ」は “青春18” という名前から誤解されがちだが、年齢制限ナシで利用可能である。1枚(1万1850円)は5回分で、ひとりで5回分使うことも、グループで1枚をシェアすることも可能。楽しみ方は無限大だ。

そんな青春18きっぷを2回分使って『東京から東北・北海道を目指す』とどうなるのか……今回は、前回の記事で書ききれなかった体験を「あるある形式」にしてサクッと紹介したい。年齢は18の倍を超えてしまったが、あの2日間は間違いなく青春そのものであった。

・青春18きっぷで東京から東北・北海道を目指した人あるある
その01: ぶっちゃけ「旅行計画を立てている時」が1番楽しい。
その02: 予習が完璧すぎて、出発前日に時計を見る度「明日の今頃は新潟あたりか……」とか想像してしまう。
その03: やはり「東京駅出発」は気が引き締まる。
その04: 高崎線「大宮駅」と「上尾駅」に挟まれた「宮原駅」の存在をはじめて知る。
その05: 「鴻巣駅」で免許センターが頭をよぎる埼玉県出身。
その06: クロスシート座席に男が4人座ると身動きが取れない。
その07: 6時30分の開店直後に売り切れる、幻の駅弁『上州の朝がゆ』があまりにも幻。
その08: 高崎駅弁2番人気『だるま弁当』の “ドラフト外れ1位感” は異常。
その09: 乗換スケジュールがハード過ぎるといつになっても弁当が食べられない。
その10: 上越線・新清水トンネル内にある「湯檜曽(ゆびそ)駅」と「土合(どあい)駅」の雰囲気が完全に地底世界
その12: カメラ小僧たちがカバンを座席に置いたまま電車から飛び出て撮影をするため「今ドアが閉まったら荷物が……子供たちが……!」と心配になる。
その13: 「岩原(いわっぱら)スキー場前駅」の駅名は、1度聞いたら忘れられない。
その14: 発車前の白新線・新潟発「村上行」車内で寝ようと思ったが「開閉ボタン式ドア」がちょこちょこ開き、その度に起きる。
その15: 羽越本線「酒田行」に出発1時間以上前から乗車している人はだいたい「青春18きっぷ」利用者。
その16: 海岸景勝地「笹川流れ」が、どこからどこまでなのか分からない。
その17: 群馬・新潟区間がとにかく長い。
その18: ざっくり言うと「スキー場」→「田園」→「日本海」
その19: 山形はけっこう一瞬で通り過ぎる。
その20: 秋田駅の「金足農業応援ボード」は書き込まれ過ぎたため、折りたたまれていた。
その21: 金足農業の最寄り駅「追分(おいわけ)駅」でテンションが上がる。
その22: 「東能代駅」でバスケが有名な能代工業高校の場所を確認する……。
その23: 「能代工業までは車で15分くらいかァ~」という、どうでもいい確認作業がけっこう面白い
その24: 距離感が麻痺したのか、秋田駅を出発したくらいで「もうすぐ青森だな」と、約3時間後に到着予定の「新青森駅」にもう着いたような気分になる。
その25: 大館駅の「忠犬ハチ公推し」がえげつない。
その26: 奥羽本線「青森行」の生声アナウンスがなんかすごくイイ。
その27: 「新青森駅」到着後、タクシー乗り場にダッシュで向かうが、駅出入口に「巨大ピコ太郎」がいて一瞬立ち止まってしまう。
その28: タクシーでフェリー乗り場に向かうってなんかすごくイイ。
その29: 今さらだが「モバイルバッテリー」は絶対に必要で、もし持っていなかったら群馬の時点で電池切れしていた。
その30: フェリー内で「スマホ」と「モバイルバッテリー」を充電する。
その31: 函館に到着してフェリーから降りた瞬間の圧倒的な寒さに絶句。
その32北国の寒さをナメたら命取りになる
その33: Tシャツ1枚で来たことを本気で後悔。
その34: 3時20分に函館港に着いても「え、何もできないんですけど……」と思ってしまう。
その35: 函館朝市は、正直どこで何を食べても絶対にウマい。
その36: 函館本線「森駅」で食べた「いかめし」は個人的に衝撃。
その37: 長万部駅裏の温泉街に行く途中にある「歩道橋」が細~くて渡るのが怖い。
その38: 長万部といえば『かなや』の「かにめし」が有名だけど、駅前『合田』の「もりそば」も超有名。
その39: 「長万部発倶知安行」は「おしゃまんべはつくっちゃんいき」と読む……難しすぎるだろ。
その40: で、この「長万部-倶知安(くっちゃん)」間には、難読すぎる駅名がズラリと並ぶ。具体的には……
その41: 「熱郛(ねっぷ)駅」「目名(めな)駅」「蘭越(らんこし)駅」からの……
その42昆布(こんぶ)駅! めっちゃ読みやすい駅キターーー!!
その43: そして「昆布駅」から『桃鉄』でおなじみ「ニセコ駅」がきて……
その44: 「比羅夫駅」は “ひらお” ではなく “ひらふ” と読むのが正解で……
その45: 終点・ラスボスが「倶知安(くっちゃん)」。無敵です。読めません。
その46: 「倶知安から小樽」「小樽から札幌」はウィニングラン気分。
その47: 札幌到着の達成感はひとりで味わう。それでイイのだ。
その48: 『すみれ』の「味噌ラーメン」が美味しすぎて疲れが吹き飛ぶ~~~!
その49: もう次のシーズン(青春18きっぷは春・夏・冬の3シーズン限定)が待ち遠しい。
その50: 旅行計画を立てるのが1番楽しいのだ。

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon