古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【挑戦】オッサンの40歳の誕生日に「ケーキにろうそく40本」立てたらこうなった!

ロケットニュース24 のロゴ ロケットニュース24 2018/01/10 20:38 佐藤英典
(ロケットニュース24 / ソシオコーポレーション) © ロケットニュース24 提供 (ロケットニュース24 / ソシオコーポレーション)

誕生日はいくつになっても めでたいものである。1年に1度の大切な記念日、ケーキにろうそくを立ててフーッと吹き消し、みんなから祝福を受ける。何歳になっても嬉しい瞬間ではないだろうか?

ただ、子どもの誕生日なら歳の数だけケーキにろうそくを立てられるだろうが、大人はどうなのだろう? ムリなのだろうか? この疑問に答えるため、40歳のオッサンの誕生日に40本のろうそくをケーキに立てたところ……トンデモない結末を迎えることになった!

・4号サイズに40本
2018年1月10日、当編集部のサンジュンが誕生日を迎えた。“不惑” の40歳だ。サンジュンはいつも明るくみんなを元気づけるアニキ的な存在。彼がいることで、編集部はいつでも和やかな雰囲気に包まれている。お世辞ではなく本当のことだ。

そんな彼を祝福するために、ケーキにろうそくを立てることになった。とはいえ、そもそも40本もの ろうそくがケーキに立つのか? とにかくケーキを購入すべく、伊勢丹新宿店の千疋屋を訪れたら……残念なことにその時売っていたホールサイズのショートケーキは、4号サイズ(直径12cm)のみ。

これに40本ものろうそくが本当に立つのか? やってみるしかない……。サンジュンを喜ばすためなら、やるしかないんだよッ!!

・ろうそくを立てる
ということで、購入した直径12cmのホールケーキに ろうそくを立ててみる。

10本くらいはどうってことないな。

だが20本を越えたあたりから、刺せる場所が少なくなってきた。一般的に12歳くらいまでは歳の数だけろうそくを立てられるだろうけど、20歳を越えてからはなかなか難しい。25本ですでに限界か!?

限られた隙間を見つけ、地道に刺し続けて39本。残り1本だ。そして……

最後の1本をブッ刺し、40歳ケーキ完成ーーッ!!

カラフルだけど、ケーキより存在感がある。でもハッキリ言って、ろうそくが邪魔だ……。

上から見ると、針の山だなコリャ。

・着火に挑む!
さて、ここからが本題。ケーキに突き刺した40本ものろうそくに、火をつけなければいけない。編集長のGO羽鳥が事前に購入しておいてくれた火力強めのライターで、一気に着火しようと思ったら……。

このライター、火力弱くない? なぜだ? つけ方の問題!? よく分からないけど、スムーズに火がつけられない。──と、何度もカチカチやっていたら……!

ライターがつかなくなった! これはいかんッ!! 先に着火したろうそくが燃え尽きてしまう。マズイ! ということで、火がついた手前のろうそくを取って、それで残りを着火することに。

この方法で順調に着火できたものの、中央の方に火がついていないろうそくが2~3本ある。しかし、ろうそくで着火しようと思うと、持っているろうそくが溶けだしてしまう……。う~ん、仕方ない。中の方は無視しよう……。サンジュンには内緒だ。

こうして、何とか ろうそくに火をつけ終わったケーキ。それを見たら……実に豪快に燃えている。こんなに炎上しているケーキを見たことがない。オッサンを祝うのは大変だな……。

・ケーキに喜ぶか!?
ちなみに、ケーキはサンジュンに内緒で準備していた。きっと驚くぞ~! 火が燃え盛るケーキをサンジュンの元へ持っていくと……

あれ? 感動で号泣すると思ったら、そんなに喜んでない?

意外にも照れ屋なのか、はにかんだ様子も可愛らしい。最後はサンジュンが大きく息を吹き込んで……

盛大に燃えるろうそくを一息に吹き消す! ファイヤーーーッ!!

・火の管理に注意
こうして、オッサンは40歳の人生を歩き始めた。ケーキはみんなで美味しく頂きました。

このあとサンジュンは祝いのお礼に「40歳ダンス」を披露したが、あまり面白くなくて場は変な空気になってしまった……。

とにかく、たくさん ろうそくを使う時には、火の管理に十分注意しよう。それから、ケーキを美味しく食べるなら、ろうそくは少な目の方がオススメだぞ!

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon