古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

お盆の夫実家帰省で妻が感じる不満の正体

ダイヤモンド・オンライン のロゴ ダイヤモンド・オンライン 2016/08/16 宮崎智之
お盆の夫実家帰省で妻が感じる不満の正体: 夫の実家への帰省は、妻にとってストレスでしかない? © diamond 夫の実家への帰省は、妻にとってストレスでしかない?

夫の実家への帰省は、妻にとっては仕事レベル

 お盆期間中は、旅行やレジャーを楽しむ人たちで、どこもごった返した。親元を離れて暮らしている人は、お盆休みを使って実家に帰省し、のんびり過ごしたかもしれない。

「やっぱり実家は落ち着くなあ」とくつろいだ人もいるかもしれないが、お盆の帰省を“めんどいイベント”と感じる人は少なくない。特に夫の実家に帰る妻たちにとって、帰省は憂鬱な行事となっているようだ。それが原因で、夫婦仲が険悪になることもある。

「ご両親に気を遣わなければいけないし、家事を手伝わなければいけないし。正直、疲れるために行っているみたいなもので、まったく休みにならない。こんなことなら会社で働いていたほうがましなので、夫と実家に給料を請求したいくらいです」(30代女性)

 せっかくの休みなのに、夫の実家でこき使われる妻は、確かに可哀想だ。しかし、妻たちの不満はそれだけではない。実家への帰省は、妻たちの不満をためるホットスポットになっているのである。お盆に帰省して以来、どうも妻の機嫌が悪い。そんなふうに不思議に思っている男性は、これを機会にぜひ実家での出来事を振り返ってみてほしい。

夫の実家で起こる、妻と夫のすれ違い

 ゲンナイ製薬が20歳~59歳の既婚男女1000人に対して実施した調査を参考に、「妻たちの不満」について考えていこう。まず、押さえておかなければならないのは、配偶者の実家に帰省することに対して、それぞれがどのような感情を抱いているかだ。

 同調査によると、配偶者の実家に帰省することを、55.4%の夫が「楽しみ」と回答しているのに対して、60.9%の妻は「気が重い」と感じている。つまり、妻にとって夫の実家に帰ることは「義務」以外のなにものでもなく、休暇や旅行といった感覚はない。夫にとっては相手の実家に行くのは気軽なイベントかもしれないが、妻にとっては苦行なのだ。

 その背景には、義父母や親戚に気を遣わなければいけないという実情がある。ジェンダーの問題についてここで詳しく論じるつもりはないが、前述の女性のように「家事を手伝わなければ」という感覚を、妻の実家で覚えた男性は少ないはずだ。家事だけではなく、あらゆる場面で気を遣うことが多い“嫁”という立場を理解しなければならない。

 そんな状況に立たされた妻に、追い打ちをかけているのが、夫の行動である。同調査では、「帰省時に夫の態度にムッとなったこと」のトップは、「帰省中ずっとゴロゴロしている」で40.3%だった。自分が義父母に気を遣って一所懸命働いているのにもかかわらず、夫はゴロゴロと寝転がっている。それでは、妻の機嫌が悪くなるのもしかたがない。

 また、「どこにも連れて行ってくれない」(8.4%)という不満を抱えている妻もいる。「家にいても気疲れするし、せっかく帰省したならば近くの観光地に足を運んで旅行気分を味わいたい」と思う妻は多いはずだが、夫にとっては生まれ育った場所であり、とりたてて目新しい場所はない。そんなすれ違いが、夫婦の仲に溝を作ってしまうのだろう。

「子どもは、いつ生まれるの」に傷つく妻たち

 さらに、「いきなり偉そうになる」夫の態度に腹を立てる妻も16.4%いた。普段は尻に敷かれたり、家事や育児を分担するリベラルな夫でも、実家に帰れば義父母の威光を笠に着て、偉そうな亭主関白に様変わり。夫としては、久しぶりに実家に帰って、ついつい甘えた気持ちになってしまっているのかもしれないが、妻たちの恨みは蓄積するばかりだ。実家という空間で現れる「夫の本性」に幻滅し、愛が冷めてしまうこともある。

 義父母から「子どもの誕生(2人目3人目はまだか、など)」を催促されたり、子育てのアドバイスなどに辟易している妻も多い。こうしたプレッシャーを受けるのは、なにも妻だけではないが、子ども絡みのことは、ことさら女性にとってセンシティブな話題なので、フォローが必要だ。

 しかし、実際には「イヤミなどを言われても、フォローしてくれない」と夫に対して不満を持っている妻は23.5%に及ぶ。つまり、これまでの内容を無理やりに短くまとめると「夫の実家に帰省するということは、妻にとってただでさえストレスやプレッシャーが多い状況なのにもかかわらず、夫は気を遣ってくれないどころか、偉そうにすることさえある」ということだろう。これが、妻が感じる不満の主因である。

「実家に帰省したときくらいは、なにも考えずに伸び伸びしたい」というのも、夫の本音としてあるだろうが、その後に夫婦仲が悪くなってしまったら、元も子もない。とはいえ、お盆はもう終わってしまっている。もし、あなたの妻が帰省後に機嫌が悪くなってしまっていたとしたら、次の帰省こそはしっかりフォローして挽回していただきたい。

 当連載についてご意見がある方は、筆者のTwitterアカウントにご連絡いただきたい。すべてに返信できないとは思うが、必ず目を通したいと思う。

ダイヤモンド・オンラインの関連リンク

ダイヤモンド・オンライン
ダイヤモンド・オンライン
image beaconimage beaconimage beacon