古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

マメな男性ほど浮気している?ヒドい束縛彼氏の正体は…

女子SPA! のロゴ 女子SPA! 2018/04/17 08:47 女子SPA!

 アナタは今まで「最高!」と言える恋愛をしたコトはありますか?

© 女子SPA! 提供

「そんな恋愛していたら、今ごろ独身してないわッ!」

 すみません。筆者の心の声が漏れてしまいましたね…。

 最高の恋愛は限られた人だけの経験かもしれませんが、最低最悪の恋愛を経験したって方は、少なくないのではないでしょうか? そんなうちの一人、奈美子さん(仮名/34歳/IT系勤務)に話を聞きました。

◆実は婚約者がいた彼、3年間気づかず…

「28~30歳の女の1番大事な時期(?)の約3年間、付き合っていた彼は婚約者がいる事を隠していました……! でも、気づく事ができなかったんです」

 外資系不動産勤務のエリートな彼と最悪な恋愛をしたという奈美子さん。なれそめは…。

「彼と初めて出会ったのは28歳の時、合コンでした。第一印象はすっごい悪かったんですよ。女子のコトを(その子の)会社名で呼んだりするんですよ。最低ですよね。『何様!?』みたいな。」

 エリートでもイラッとしますね。

「当時は彼氏もいたので、デートに誘われても無視してたんです。でもその後……、会社をクビになって彼氏にも振られっていう、ドラマに出てきそうな最悪な日、ちょうど彼から連絡がきたので、とにかく“誰かと呑みたい!”って感じで会いました。

 そんな気持ちで行ったからもあるかもですが、彼は思ってたより、とても良い人で、面白くて、とにかくスゴイ楽しくて、泥酔して……朝起きたらホテルでした(笑)!」

◆束縛がハンパじゃない!

 タイプではなかった彼と意気投合してホテルに行ってしまった奈美子さんですが……。

「やっぱりギャップって魅力っていうか、やな奴だと思ってた彼がスゴイ優しいし、クレバーだったりしたので、すぐハマっちゃいました。

 ただ付き合い始めてから、彼はとにかくマメで束縛がスゴくって……、最初は“愛されてるから束縛されるんだ”と思い込んで、ノロケてましたがだんだんエスカレートしてきて(泣)。2時間ごとに連絡つかないと“浮気してるんだろ!”と激怒されたり、電話に出れない時の鬼電&鬼留守電なんて日常茶飯事」

 ほんとは婚約者がいたのに、別の彼女に鬼束縛なんて逆にスゴイですね!

「そうなんです。だから、そんなに束縛している彼が、まさか浮気(=裏では婚約)しているなんて、思いもしませんでしたよ……! でも、ちょっと怪しいところはあったんですよね」

 あったんかい!?

◆アメとムチを使い分ける戦法で煙に巻かれた

「平日はほぼ毎日会ってたんですけど、土日のどっちかは会えない事が多くて……。その時は“休日出勤”って言われてて信じてましたが、きっと婚約者と会ってたんでしょうね。」

 その時は疑わなかったのですか?

「なんていうか、彼はアメとムチの使い方が上手で、束縛はきついのに、土日のどっちか会えない時とかに“寂しい”って私が弱音を吐くと、“ごめんね、来週は奈美ちゃんの好きな焼き肉行こうね”とか“ごめんね、欲しがってたバッグ買ってあげるから許して”とかとか、色々してくれるんですよ。まぁ毎回焼き肉やバッグではないですけどね(笑)」

 良い思いもしてるじゃないですか!

「確かに結構色々買ってもらったから、浮気された(=婚約していたこと)のはその対価? いやいやいや、私はお金(も好きだけど)ではなく、彼を本気で好きだったし、こっちは浮気してないし、やっぱりひどい!」

◆「マメな人ほど浮気している」?束縛の心理

“婚約者がいるから結婚できない”という自責の念から、彼は奈美子さんにお金を使っていたとは思いますが、そんなきつい束縛は辛かったですよね。

「後で思ったのは、“マメで相手を束縛する人は自分にやましい事がある人”だと思います。だって普通だったら好きな人を疑うなんてしないじゃないですか。自分が相手を裏切っているから、“相手も同じ事をしてるかも?”って思うのかと。

 マメな人は好きですが、マメな人ほど浮気していると思う! なのでマメじゃない人と付き合いたいけど、それはそれで不安になる(泣)。迷走中です。」

“マメな人”=“浮気する人”はちょっと極論な気もしますが、マメな男性がモテるのは定説なので、マメな人ほど浮気の可能性は確かに高そうです。

 結婚できなかったとはいえ、たくさん貢いでもらって、慰謝料までふんだくったという奈美子さん。懐具合は良いようですが、精神的にはまいっており、未だに男性不信で恋愛が楽しめなくなっているとの事。

 大好きな彼を疑いたくない気持ちは分かりますが、後で痛い目をみるのは自分。恋愛に夢中になっている時こそ、客観的に自分をみるコトも大事ですね。

―自分史上最悪の恋愛 vol.8―

<TEXT/白戸ミフル イラスト/やましたともこ>

女子SPA!の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon