古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

佐藤優×さいとう・たかを プーチン大統領を怖いと感じる訳

NEWSポストセブン のロゴ NEWSポストセブン 2018/11/22 16:00
『ゴルゴ13』について語り合った佐藤優氏(左)と、さいとう・たかを氏 © SHOGAKUKAN Inc. 提供 『ゴルゴ13』について語り合った佐藤優氏(左)と、さいとう・たかを氏

 元外務省主任分析官の佐藤優氏と、『ゴルゴ13』の作者さいとう・たかを氏が、「ゴルゴ(通称G)のインテリジェンス」を読み解く短期集中連載。第2回は、作品が長続きする秘密と、独裁的なリーダー2人の“本質”に迫る。

 * * *

佐藤:『ゴルゴ13』のスタートは(ビッグコミック)1969年新年号(1968年11月発行号)からなので、連載50年。改めてそのお仕事ぶりに感服いたします。

さいとう:われながらよく続いていると思いますよ(笑)。実は東西冷戦が終わった頃、散々、「これでゴルゴの仕事場がなくなりましたね」と言われたんです。私は、「何を言ってるんだ!」と反論しましたけどね。冷戦でがんじがらめになって、各国、身動きがとれなかった側面があるのに、その縛りがなくなってしまったことで、世界中、鍋が煮えた状態になってくるぞ、と。エネルギー問題、宗教問題……こういうものがドッと吹き出してくる。特に中東が危険だぞ、と私は言っていたけど、本当にそうなってしまった。世界の混乱が深まって、むしろ、ゴルゴの活躍の場が増えてしまったんです。

佐藤:慧眼ですね。たしかに世の中がいくら変わろうとも、 “人間の本質”は変わりません。

さいとう:まさにそういうことです。

佐藤:恨みもある。権力闘争もある。騙し合いもある。新自由主義経済の時代になって、各国の欲望がむき出しになった側面もあります。となれば争いごとは絶えない。ゴルゴの出番、というわけですね?

さいとう:そうです。皆さん、私がこういう劇画を描いているので、私が世界情勢に精通しているように思っているんですが、そういうことじゃないんです。私が描いているのは、「世界情勢」ではなく、「人間のドラマ」です。実際、世界の情勢というのは、隣近所の出来事となんら変わりがないと思っている。隣家との境界線のいざこざなんて、そこら中にあるでしょ? あれと国境線をめぐる争いは、根本的に違いがない。ただ、隣近所の出来事を描いても、作品としては面白くない。だから舞台を「世界」にしたというだけです。

佐藤:最近は、トランプ大統領のように、まるで漫画のようなリーダーも出てきています。彼なんか非常に人間くさいですね。

さいとう:たしかに描きやすい人物ではあるね。トランプ大統領は、欲望が丸出しだから。政治をやってるんじゃない。あれは商売をやっている。

佐藤:外務省は困っていると思いますよ(笑)。分析しづらいリーダーだから。必死にいま、すり寄ろうとしているところでしょうね。もともと外務省というところは、昇る太陽はひたすら拝むけれど、沈みゆく太陽は見向きもしないという組織なんです。長いものには自分から巻かれたいという(笑)。

◆いちばん怖い政治家はプーチン大統領

さいとう:作品的に、トランプの登場は助かるね。前任者のオバマはどうも描きづらかった。

佐藤:わかります。私から見てもヌルッとしていてどこか捉えどころがありません。ところで、ロシアのプーチン大統領は描きやすいですか?

さいとう:それ以前の話として、私は怖いね。いま世界を見渡してみて、あれほどかつてのような独裁者はいませんよ。昔を見ているような気持ちになる。いまの独裁者というのは自分のことばかり考えているから、最終的に国民からそっぽを向かれるでしょう。でもプーチンは違う。彼は自分の国のことを考えている。しかも自国の利益と個人の利益とが重なっている。

佐藤:おっしゃる通り、プーチンとロシアは、同心円を描いています。彼は「ソ連」は好きだけど、「共産主義」は嫌い、という政治家で、非共産主義的なソ連をつくろうとしています。自信を失いかけていたロシア国民に、再び誇りを持たせることに成功し、いまの人気を得た。

さいとう:それがとてつもなく怖い。あんな怖い男、ヒトラー以後、初めて登場したと思う。プーチンには“狂気”を感じる。

佐藤:その見立ては間違っていません。実際、プーチンはマフィアの親分でもあるんです。彼は個人的に使える「暴力装置」を持っていますから。ロシアには、スポーツ観光国家委員会という表の組織があるのですが、実はこれがほとんどマフィアの組織。旧ソ連時代、見込みのある子には幼少の頃からスポーツの英才教育を施します。特に格闘技系の才能のある子には、筋力増強剤をガンガン打ち続けるような乱暴なことをしていました。当然、最終的に使い物にならなくなる人間がたくさん出てきます。

 旧ソ連時代はそれでも、各地にスポーツ施設があったので、そういう人材を雇うことができた。ところがソ連が解体し、それもままならなくなったことで、彼らがマフィアの用心棒になってしまった。それでエリツィン時代に、彼らを野放しにしておいてはまずい、とスポーツ観光国家委員会を作ってそこに押し込んだんです。あえて予算をつけず、魚と石油の輸出権を与えて自分たちで稼がせた。いわば政府公認のマフィア。

 プーチンはそのスポーツ観光国家委員会をがっちり握っていて、面倒なことが起きると警察を通さないでスポーツ観光国家委員会に処理させるんです。

さいとう:そういう背景が表情ににじみ出ているから、「怖い」と感じてしまうのかもね。

佐藤:でも私からすると、プーチンよりも安倍晋三首相のほうが怖いですけどね。何を考えているのかよくわからないところがありますから(笑)。

※佐藤優、さいとう・たかを・著/『ゴルゴ13×佐藤優 Gのインテリジェンス』より

配信元サイトで読む

image beaconimage beaconimage beacon