古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

眼科医が市販の目薬の使用を勧めない理由

NEWSポストセブン のロゴ NEWSポストセブン 2019/03/17 16:00
二本松眼科病院の平松類医師 © SHOGAKUKAN Inc. 提供 二本松眼科病院の平松類医師

 どんな薬にも、必ず効能などの「メリット」と、副作用などの「デメリット」がある。その両方を天秤に掛け、患者にとってメリットのほうが大きいと判断されたときに薬が処方される。だが、その判断が必ず信頼できるとは限らない。

 そこで、病気の専門家である医師に「もし患者になったら、どの薬を飲まないか」とぶつけた──。

 加齢とともに涙の分泌量が減る。そのため、ドライアイに悩まされる中高年は多く、目薬にも頼りたくなるが、眼科専門医はどう考えるのか。二本松眼科病院の平松類医師がいう。

「私は基本的に市販の点眼薬はあまり使用しません。特に、ドライアイや花粉症の症状緩和を謳っている目薬の中でも『塩酸テトラヒドロゾリン』や『塩酸ナファゾリン』などの成分が含まれているものは、特に使わないように意識しています。

 これらの成分は血管を収縮させて血流を減らすことで、目の充血を解消しますが、あくまで対症療法です。

 繰り返し使用すると血管が太くなり、逆に充血を悪化させるケースがあることが多くの研究から明らかになっています。処方薬ならこれらの成分が含まれていないものが大半なので安心です」

 また、目薬に含まれる防腐剤からも悪影響を受ける可能性が考えられるという。平松氏が続ける。

「角膜を傷つけるため、かえってドライアイを悪化させる可能性もあります。市販薬なら『防腐剤不使用』と表示されているものが良いでしょう」

※週刊ポスト2019年3月22日号

【よく読まれている記事】

長距離巡航ミサイル開発へ、国産初

「気持ち悪いな」オグシオ報道に本音

永野芽郁が告白、芸能界の厳しい現実

■MSNホームへ戻る

配信元サイトで読む

image beaconimage beaconimage beacon