古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

空からみると…鹿児島の山腹に描かれた巨大な「50」の文字 いったい何のため?ネットで話題

まいどなニュース のロゴ まいどなニュース 2019/09/24 16:30 まいどなニュース

ほら、山の中に突然50の文字が!(Googleマップより/画面をトリミングし、見やすくするために明るさを若干変更しています) ほら、山の中に突然50の文字が!(Googleマップより/画面をトリミングし、見やすくするために明るさを若干変更しています)

鹿児島県・大隅半島の山腹に描かれた、巨大な「50」の文字。Googleマップの航空写真に写っているのですが、どうしてこんなところに巨大な数字が描かれているのか謎すぎる…と、Twitterで話題になっています。近くにはJAXAのロケット打ち上げ施設もあり、もしや秘密の宇宙へのメッセージ…?などと妄想が膨らみます。

文字が発見されたのは、半島の東側にある肝付町。世界でも珍しい山地に立つロケット発射場「内之浦宇宙空間観測所」があることでも有名で、文字は発射場も近い内之浦湾に面した場所に描かれています。Googleマップで見つけられるほどなので、文字は大変大きなもの。

内之浦湾をのぞむエリア。下のほうにロケット発射場があります(Googleマップより) 内之浦湾をのぞむエリア。下のほうにロケット発射場があります(Googleマップより)

すこしアップにしました。50の文字、わかりますか?(Googleマップより) すこしアップにしました。50の文字、わかりますか?(Googleマップより)

もっとアップに。ほら!50の文字があります(Googleマップより) もっとアップに。ほら!50の文字があります(Googleマップより)

Twitterでは文字の由来をめぐってさまざまな憶測が広がり、宇宙観測所の設立時期と数字の関係を考えたり、国土地理院の撮影している空中写真と照合して、いつ文字が出現したのか細かく探ったりする人も。文字と桜島との距離を測るとちょうど50キロになるといい、関係性を指摘する人もいました。

   ◇   ◇

文字の由来について肝付町観光協会に聞くと、この地域の合併前の自治体・旧内之浦町が町政50周年を記念し、1983(昭和58)年に桜の木を植えてつくったものだそうです。町全体から見える山腹に、ヨシノザクラ500本を、 町の職員や関係者約50人が参加して植樹したといいます。

1文字あたりの大きさは…なんと縦80メートル・横50メートル。地上に住む人間向けのメッセージで、宇宙から見えるかどうか気にしなくてもいいはずなのに、そのスケールの大きさには驚きます。

広報うちのうら・昭和58年4月号で紹介された、50の文字の桜を植樹したときの様子(肝付町観光協会提供) 広報うちのうら・昭和58年4月号で紹介された、50の文字の桜を植樹したときの様子(肝付町観光協会提供)

当時の町報「広報うちのうら」によると、植樹した当日のことが詳しく描かれています…。「この日参加者は手に手に山くわを持ち、額に汗しながら、通称穴山から目的地まで登りました」「目的地では、身の丈を超す桜500本を植えました」「植え終わったあと、参加者は眼下に広がる内之浦を眺望しながら弁当を食べ、新たな一歩を踏み出した内之浦の『未来』について語り合っていました」「あと二・三年もすると花が咲き、町の市街地からも桜の描く『50』が見え、目を楽しませてくれるでしょう」…。

広報うちのうら・昭和58年4月号の表紙。当時の雰囲気が強く感じられます(肝付町観光協会提供) 広報うちのうら・昭和58年4月号の表紙。当時の雰囲気が強く感じられます(肝付町観光協会提供)

50の文字のことは、今なお地元の人たちにはよく知られており、内之浦宇宙観測所から町の市街地に向かって下る道路からよく見えるといいます。

「ただ、普段から見えているわけではなく、桜の時期に、緑の山の中に文字が桜色に変わって浮かび上がる感じでしょうか。現在はそんなに手入れがされていないので、くっきり見えるわけでもありませんよ」と観光協会の方は話します。しかし、後日送られてきた現在の様子を見ると…

旧・内之浦町をのぞむ。どこかに50の文字がありますよ(肝付町観光協会提供・2019年9月23日撮影) 旧・内之浦町をのぞむ。どこかに50の文字がありますよ(肝付町観光協会提供・2019年9月23日撮影)

ちょっとアップに。さあ、どこでしょう(肝付町観光協会提供・2019年9月23日撮影) ちょっとアップに。さあ、どこでしょう(肝付町観光協会提供・2019年9月23日撮影)

ほら!これならもうわかりますね!こんなにくっきり!(肝付町観光協会提供・2019年9月23日撮影) ほら!これならもうわかりますね!こんなにくっきり!(肝付町観光協会提供・2019年9月23日撮影)

いえいえ、めちゃくちゃくっきり「50」って分かるじゃないですか!

ロケットの打ち上げを見に訪れる人も多い地域。空を見上げて宇宙のロマンを感じるついでに、山腹に残るスケールの大きな地域の歴史に思いをはせるのも素敵かもしれませんね。

なお、観光協会のブログによると、こちらの文字の近くには、1929(昭和4)年に、昭和天皇の即位を記念して、サクラ約300本を「大」の字のかたちに植えた「大文字桜」もあるそうです。

内之浦宇宙空間観測所の入場口(2016年9月・筆者撮影) 内之浦宇宙空間観測所の入場口(2016年9月・筆者撮影)

内之浦宇宙空間観測所の全景(2016年9月・筆者撮影) 内之浦宇宙空間観測所の全景(2016年9月・筆者撮影)

(まいどなニュース・川上 隆宏)

まいどなニュースの関連リンク

まいどなニュース
まいどなニュース
image beaconimage beaconimage beacon