古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

FOMA終了決定でガラケーユーザーたちが感じる「潮時」

マネーポストWEB のロゴ マネーポストWEB 2019/11/08 16:00
いよいよ終わりの時が近づいてきたガラケー © SHOGAKUKAN Inc. 提供 いよいよ終わりの時が近づいてきたガラケー

 NTTドコモは、第3世代(3G)通信方式の「FOMA」と「iモード」を2026年3月31日でサービス終了とすることを発表した。第4世代(4G)通信方式が広く普及し、スマートフォンが主流になっている現在、さらに今後は5Gの導入が近づいており、通話やメール、簡単なネット接続をメインとしたいわゆる“ガラケー”は、いよいよ終焉を迎えようとしている。

 泣いても笑っても、今のFOMAは2026年4月以降使えなくなってしまうわけだが、NTTドコモのみならず、すべてのキャリアのガラケーユーザーたちは、すでに“終わりの時”を感じ始めているようだ。

 会社員Aさん(40代、男性)は大学生のころからずっと携帯電話を使用し続けている。現在はノートパソコンのほかタブレット端末も持ち歩き、複数のガジェット機器を駆使しているが、通話に使うのは今でもずっとガラケーだという。

「仕事柄、外でネットを使わなければならないことも多くて、ノートパソコンとタブレットを常に持ち歩き、モバイルWi-Fiでネットに接続しています。スマホは使う機会がなく、通話はずっとガラケーのまま。でも、最近はガラケーを持っていると、いろんなところでイジられる(笑)。いろんなガジェット機器をあまり使わない人ならいざしらず、めちゃくちゃ使ってるのに、電話はガラケーなの!?って。料金も安いからガラケーは助かると思っていたんですが、仕事上でSNSでのやりとりが増えてきたことを考えても、そろそろスマホに替えるタイミングなのかなって思いますね」

 フリーの雑誌編集者・Bさん(30代、女性)は、ガラケーとスマホの2台持ちだが、ガラケーを使う機会はかなり減っている。

「元々、ガラケーは通話用、スマホはネットやSNS用という形で2台持ちにしていたんです。でも、気がついたら通話もLINEですることが増えているし、テキストの連絡もLINEがメインで、ガラケーの方にSMSが届くこともほとんどない。正直ガラケーを使うのは1か月で2~3回くらい。さすがにもうガラケーは要らないかなと思っています」

 Bさんのガラケーはすでに8年以上使用しているとのことで、バッテリーもかなり劣化しているようだ。

「使っていないのに、2日くらいで充電がなくなってしまいます。バッテリーはすでに純正品はなくて、互換品なら手に入るかも、という状態。あと、充電用の端子の部分もかなり接触が悪くなってきて、そもそも充電できないことも多いんです。修理の受付期間も終わっているし、いよいよ終わりかなという気はしています」(Bさん)

 さらに、60代の主婦・Cさんのガラケーは、もっとひどい状態だ。

「家族間の通話やショートメールでの連絡のために携帯電話を持っているのですが、使い始めてかれこれ10年。バッテリーは完全にダメになってしまっていて、充電器でコンセントにつないだ状態でないと、ほとんど電源も入らない状態です。携帯ショップに行っても、修理はできないので、同じキャリアならもうガラケーの形をしたスマホ(AndoroidのOSを搭載した第4世代通信方式のガラケー様式のスマホ。通称“ガラホ”)に機種変更するしかないと言われました。

 私は携帯電話で自分から電話をかけることはほとんどないし、スマホにしたところで料金分は使いこなせなさそう。今、月額1000円ちょっとで使えているので、完全にダメになるまで使うつもりですが、いつまでもつやら……」

 もはや普通に使うことすらままならなくなっている3Gのガラケー。長く使い続けたユーザーからすれば寂しさもある反面、逆に考えると、新たな端末に移行するよい「潮時」と受け止められている面もあるだろう。

マネーポストWEBの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon