古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

“生”の戦車とターボジェットエンジンがかっこいい! 自衛隊のニコ超ブース 一方在日米軍は

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/04/29
“生”の戦車とターボジェットエンジンがかっこいい! 自衛隊のニコ超ブース 一方在日米軍は: 「航空自衛隊」のロゴが「けものフレンズ」風に © ITmedia NEWS 提供 「航空自衛隊」のロゴが「けものフレンズ」風に

 ドワンゴが主催する「ニコニコ超会議2017」(4月29〜30日、千葉・幕張メッセ)。“ニコニコ動画のすべて(だいたい)を地上に再現する”をテーマにさまざまな企業がブースを出展しているが、自衛隊は「89式装甲戦闘車」と戦闘機「F-4EJ改」のターボジェットエンジン「J79-GE/IHI-17」の実物を会場に持ち込んだ。会場では自由に撮影できる。

 89式装甲戦闘車は「ライトタイガー」の愛称でも知られる日本初の歩兵戦闘車。2014年9月の御嶽山の噴火の際、降り注ぐ噴石にも耐えられる車両として4両が投入された実績を持つ。映画『シン・ゴジラ』で多摩川河川敷などに配備されたのもこの戦車だ。

 ターボジェットエンジンJ79-GE/IHI-17を搭載する戦闘機「F-4EJ改」は、1981年までに合計140機が航空自衛隊に納入された。現在までには50機ほどが残っているが、退役間近と言われている。展示しているターボジェットエンジンは点検から戻ってきたもので、これからF-4EJ改に搭載される予定だという。

 担当者は、「自衛隊が運用している実物を持ってくることで、より皆さんと自衛隊との距離が近くなるのでは、と出展を決めました。私自身はこれまでこのようなイベントには接点がありませんでしたが、周囲のブースや来場者の熱気に圧倒されています」と出展の経緯や手応えを語った。

 この他、航空自衛隊宮城県松島基地第4航空団第11番隊「ブルーインパルス」の360度動画をVRゴーグルで体験できるコーナーや、F-4型航空機の射出座席の展示、陸上・海上・航空自衛隊の制服を着られるコーナーを用意している。

 また、自衛隊の隣では在日米軍が来場者と記念写真を撮れるブースを設置している。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon