古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

“Haswell Refresh”と11acを採用した15.6型主力ノート――「FMV LIFEBOOK AH」

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/05/14 ITMedia
“Haswell Refresh”と11acを採用した15.6型主力ノート――「FMV LIFEBOOK AH」: 「FMV LIFEBOOK AH」は5月23日より発売。写真はAH77/R(シャイニーブラック) © ITMedia 提供 「FMV LIFEBOOK AH」は5月23日より発売。写真はAH77/R(シャイニーブラック)

 富士通は5月14日、15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載するA4ノートPC「FMV LIFEBOOK AH」シリーズの2014年夏モデルを発表した。ラインアップは「AH77/R」「AH53/R」「AH42/R」の3機種で、上位モデルにインテルの新CPU「Haswell Refresh」を採用したほか、無線LANがIEEE802.11acをサポートしているのがトピックだ。実売予想価格は順に23万円前後、19万円強、14万円強(税込)。5月23日に発売される予定。

 AH77/Rの主なスペックは、Core i7-4712HQ(2.3GHz/最大3.3GHz)、8Gバイトメモリ、1TバイトHDD、BDXL対応Blu-ray Discドライブという構成で、タッチ入力に対応するフルHD液晶を搭載するのも従来通りだ。カラーバリエーションは、アーバンホワイトとシャイニーブラック、ルビーレッドの3色。

 インタフェースは、SDXC対応SDメモリーカードスロットのほか、USB 3.0×4(うち1ポートは電源オフUSB充電機能付き)、HDMI出力、ギガビットLAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooh v4.0+HSを装備。液晶上部に約92万画素のWebカメラを内蔵する。本体サイズは377.2(幅)×256.6(奥行き)×16.0〜23.8(高さ)ミリ、重量は約2.5キロ。バッテリー駆動時間は約5.7時間(JEITA 2.0測定)となっている。OSは64ビット版Windows 8.1 Update。

 AH53/RはCPUにCore i7-4702MQ(2.2GHz/最大3.2GHz)、8Gバイトメモリ、750GバイトHDD、BDXL対応Blu-ray Discドライブを搭載。液晶ディスプレイの解像度は1366×769ピクセルで、タッチ入力にも対応しない。カラーバリエーションは、アーバンホワイトとシャイニーブラック、ルビーレッドの3色。

 インタフェースは、SDメモリーカード、USB 3.0×3(うち1ポートは電源オフUSB充電機能付き)、USB 2.0×1、ギガビットLAN、HDMI出力、アナログRGB出力、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooh v4.0+HS、液晶上部に約92万画素Webカメラを内蔵する。

 本体サイズはAH53/Mが378(幅)×252(奥行き)×25.5(高さ)ミリ、重量は約2.2キロ。バッテリー駆動時間は約3.7時間(JEITA 2.0測定)。OSは64ビット版Windows 8.1 Updateだ。なお、夏モデルではレーザーマウスが付属しているのもポイント。

 AH42/Rは、Pentium 3558U(1.7GHz)、4Gバイトメモリ、DVDスーパーマルチドライブという構成で、インタフェースはAH53/Rにほぼ準じる形だが、アナログRGB出力は搭載していない。378(幅)×252(奥行き)×25.5(高さ)ミリ、重量は約2.2キロ。標準バッテリーで約4.5時間動作する(JEITA 2.0測定)。OSは64ビット版Windows 8.1。夏モデルではカラーバリエーションとして、アーバンホワイトのほか、シャイニーブラックも加わった。

 機能面では、個人向けクラウドサービス「MyCloud」の機能を強化。これまで複数のアプリで管理していた写真、動画、音楽などのコンテンツを「My Cloudプレイ」アプリで一元管理することが可能になった。自宅のネットワーク対応レコーダーで録画した番組をPCやスマートデバイスにワイヤレスでダウンロードして持ち出せる機能も追加している。写真データの管理機能では、顔判別や日時での自動整理に加えて、任意のタグを追加して検索しやすくした。ゲストアカウントを発行し、PCの公開フォルダ内にあるコンテンツをゲストに公開できる機能にも対応している。

 WEB MART限定のカスタムメイドモデルも用意。AH77/Rと共通のボディを採用する「WA2/R」は、最大16Gバイトのメモリや1TバイトのハイブリッドHDDなど、より上位グレードのパーツにカスタマイズできるほか、OSとして64ビット版Windows 8.1 Proなども選択可能。また、AH53/Rと同じボディの「WA1/R」でも、Core i5-4210や1TバイトHDDなどがBTOメニューに用意されている。

 またWEB MARTでは、標準で1年間無料の電話サポートを2〜3年に延長できる「FMV延長電話サポート」、通常は購入後にユーザーが作成するリカバリディスクを富士通で行う「リカバリディスク作成サービス」を追加した。電話相談を初回から有料にすることで、価格を抑える「ミニマムサポート」も選択できる。

 なお、FMV LIFEBOOK/ARROWS Tabシリーズとしては、アクティブシニア向け15.6型ノート「GRANNOTE」、光学ドライブ搭載の13.3型モバイルノート「FMV LIFEBOOK SH」、14型Ultrabook「FMV LIFEBOOK UH」、13.3型コンバーチブルUltrabook「FMV LIFEBOOK TH」、Windowsタブレット「ARROWS Tab QH77」および「ARROWS Tab QH55」に新モデルは用意されず、既存モデルを継続販売する。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon