古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「だって可愛いでしょ♪」と自ら言い放つ正統派美人・河北麻友子が確かに可愛すぎる!!

サイゾー のロゴ サイゾー 2014/04/23 14:10 Cyzo

 22日深夜に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に女優でタレントの河北麻友子(22)が出演。独特の天然発言を繰り返しながらも、「可愛すぎる」とネット上で評判を集めている。

 この日、河北は、華原朋美(39)、本上まなみ(38)と一緒に「まっすぐな女トリオ」として番組に登場。竹田恒泰氏との関係についてブログでの発言が話題になっていた華原だが、自虐的な発言と独り身アピールを終始繰り返すだけで、番組内で近頃の恋愛事情について触れることはなかった。

「もともと、2人がどこまでの関係を築いていたかはわかりませんが、収録の時期を考えると、すでに竹田さんとは終わっていたのでしょう。もう少し収録時期が遅ければ、華原さんの口から元AKB48の畑山亜梨紗(23)についての、“まっすぐ”な意見が聞けたかもしれませんが。それは今後に期待するしかなさそうです」(業界関係者)

 タイムリーな時期でのバラエティ出演だっただけに、華原への注目が集まった同番組。CMに入る前などには、「あの悩みを初告白」と煽っていたが、華原は痛々しい発言を繰り返すばかりで、視聴者は肩透かしを食らった格好になってしまった。そんな番組で話題を集めているのが、ネット上で「可愛すぎる」「細い」「ホントに美人」などとコメントされている河北だった。

 自分のことを“超まっすぐ”と言う河北は、冒頭から、番組レギュラーのSHELLY(29)に向かって、「顔も可愛くてスタイルもいいんだけど、私服がクソダサイ」と、あまりにもストレートな発言。ニューヨーク生まれの帰国子女で、超がつくほどのお嬢様である河北の口から「クソダサイ」という言葉が出るのは意外だったが、それでも素直な発言は可愛らしいものといえる。

 さらに河北は、悩んでいることなど「1ミリもない」と言い、「恋愛も悩まない。あ、好き、好きじゃない」だけだと発言。“好きな人が自分のことを好きじゃなかったら?”と質問されても、「さようなら~」とあっけらかんと答えていた。そんな言葉の数々はまるでローラ(24)のようでもあり、案の定、司会の後藤輝基(39)から「ローラの2コ先行ってる」とツッコまれていた。

 また河北は、「とにかく1人がイヤ」らしく、トイレに立つにも「麻友子トイレ行く~」と手を上げてから、スタイリストなどについてきてもらうという。そんな子供のような彼女の発言には後藤らもいっせいにツッコんだが、河北本人は、「可愛いでしょ」と頬を膨らますのだった。ほかの女性が同じことを言っていれば、相当な非難を浴びそうな発言を繰り返す河北。だが、素直で上品さのにじみ出ている彼女が言えば、それは可愛らしいものに映るのだから不思議である。それこそまさに才能と呼ぶにふさわしいものなのかもしれない。

 現在、河北がレギュラー出演している『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でも、出川哲朗(50)との海外ロケが自然体で好感が持てると評判の河北。一見かみ合っていないように見えるふたりのコンビネーションは、出川の天然さと河北の素直さが絶妙にかみ合ったものともいえる。嫌味な発言をしても好感の湧いてくる河北は、今後さらにバラエティで飛躍するに違いない。(文=峯尾)著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

※イメージ画像:『空の境界』TOブックス

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon