古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「インタラクティブ機能で会議や授業を効率化」――エプソン、投写映像に“指でタッチできる”プロジェクター

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/05/19 ITMedia
「インタラクティブ機能で会議や授業を効率化」――エプソン、投写映像に“指でタッチできる”プロジェクター: 高光束の常設向けプロジェクター「EB-Z10000U」 © ITMedia 提供 高光束の常設向けプロジェクター「EB-Z10000U」

 エプソンは5月19日、投写映像に書き込みが可能なインタラクティブ機能を備えたプロジェクターの新製品として、オフィス向けモデルの「EB-1430WT」と「EB-1420WT」、文教向けモデルの「EB-595WT」を発表した。また、高光束の常設向けプロジェクター「EB-Z10000U」など8モデルも同時発表した。

 いずれも同社おなじみの3LCD方式を採用し、「白表示もカラー表示も明るいこと」を特徴とするプロジェクターだ。価格はオープン、2014年5月29日より順次発売する。

●共有ホワイトボード機能で遠隔会議を支援するオフィス向けモデル

 オフィス向けのEB-1430WTとEB-1420WTは、PCを接続することなく、壁やボードに電子ペンで書き込み、書き込んだ内容の保存や共有ができる「ホワイトボード機能」と、投写面でPCの操作や書き込み、データ編集が可能な「PCインタラクティブ機能」を搭載している。新たにホワイトボード機能で書き込んだ内容の編集に対応し、拡大、縮小、移動などを行い、より効率的な板書が可能になった。

 前モデル「EB-1410WT」からの新機能として「共有ホワイトボード機能」も搭載。他の拠点にあるEB-1430WT/EB-1420WTとPCレスでホワイトボードを共有し、同じ画面の閲覧や書き込みが行えるため、テレビ会議システムなどと併用して遠隔会議の効率化が図れる。スマートフォンやタブレット、PCからのホワイトボード画面共有、相互書き込みも可能だ。EB-1430WTのみ、専用ペンに加えて投写映像を指でタッチ操作できる「指deタッチ」にも対応する(赤外線で指の位置を検知する仕組み)。

 ホワイトボード機能は前回の議事録をサーバやUSBメモリから呼び出して表示できるほか、複合機でスキャンした紙資料も電子データとして取り込み可能。スマートフォンやタブレット内のデータも専用アプリ「Epson iProjection」から画面転送してすぐに取り込める。書き込んだ板書は画面を消さずに、最大50ページまで増やせる。板書した内容はデータとして、社内サーバやUSBメモリに保存できるほか、接続したプリンタから印刷したり、PCレスでのメール配信が可能だ。

 基本性能も底上げされ、明るさは3300ルーメン、オートアイリス使用時でのコントラスト比は1万:1となった(EB-1410WTは明るさ3100lm、コントラスト比3000:1)。液晶パネルの解像度はWXGA(1280×800×3)だ。16ワットのスピーカーも内蔵する。

 本体サイズは367(幅)×375(奥行き)×155(高さ)ミリ、重量は約5.6キロ。アナログD-Sub、RCAコンポジット、HDMI×2の映像入力、ステレオミニ×3の映像入力、アナログD-Subの映像出力、ステレオミニの音声出力を備えている。

●文教向けモデルも指でのタッチに対応

 文教向けのEB-595WTは、PCレスで使用可能な電子黒板機能を標準で搭載。書画カメラやDVD/Blu-ray Discからの投写映像に書き込めるなど、既存の教材を有効活用できる。2人同時での書き込みやマウス操作も可能だ。

 新たな機能としてはEB-1430WTと同様、指でのタッチ操作に対応。投写映像上で指を使い、電子黒板のツールボタン操作や画面の拡大、縮小、スクロールなどが行える。矢印、三角、丸など、授業に欠かせない簡単な描画も可能だ。「ペンで書いて、指で消す」といった、従来の板書に近い操作を実現している。

 付属ソフトウェア「EasyMP Multi PC Projection」を用いることで、プロジェクターにネットワーク接続している最大50台のスマートフォンやタブレット、PCの中から複数端末の画面を同時に投写したり(2画面、4画面)、1つの端末を全画面で投写するなど、比較学習向けの機能も持つ。投写する画面を1台のPC操作で切り替えるモデレーター機能もサポートする。

 明るさ3300ルーメン、コントラスト比1万:1(オートアイリス使用時)、16ワットスピーカー内蔵といったスペックは、EB-1430WTおよびEB-1420WTと共通だ。

 本体サイズは367(幅)×375(奥行き)×155(高さ)ミリ、重量は約5.5キロ。アナログD-Sub×2、RCAコンポジット、S-Video、HDMI×2の映像入力、ステレオミニ×3の映像入力、アナログD-Subの映像出力、ステレオミニの音声出力を装備する。

●ハイスペックな高光束モデルでラインアップ拡充

 高光束の常設向けプロジェクターは8モデルを一挙に投入。明るさ1万ルーメン、コントラスト比1万5000:1(オートアイリス使用時)のEB-Z10000Uをはじめ、基本性能を強化した(従来モデルのEB-Z8450WU/EB-Z8255WUは7000ルーメン、コントラスト比5000:1)。

 大会議室や講堂、ホール、体育館などでの利用を想定しているほか、イベント会場やコンサートホールで空間に溶け込み、プロジェクションマッピングなどの演出を妨げないよう、ボディーカラーをブラックにしたモデル(EB-Z10005U/EB-Z11005)も展開する。

●インタラクティブ機能と高光束モデルの強化でさらなる成長を狙うエプソン

 同日都内で開催された新製品発表会では、エプソン販売取締役 販売推進本部長の中野修義氏が、ビジネスプロジェクターの国内市場動向や製品戦略について説明した。

 まず中野氏は「2013年度のビジネスプロジェクター国内市場におけるエプソンのシェアは59.1%を記録し、19年連続で国内シェア1位を獲得した(富士キメラ総研調べ)」と順調ぶりをアピール。「伸びが鈍化している既存領域のフロントプロジェクターは維持しながら、今回発表した高光束、インタラクティブオフィス用途、インタラクティブ文教用途の3つの成長領域、特に後者2つに注力していく」と、今後の戦略を語った。

 今後1年間の販売目標は、インタラクティブオフィス用途が5000台、インタラクティブ文教用途が1万6000台、高光束が5000台で、合計2万6000台としている。

 インタラクティブオフィス用途は、2013年度に600%を超える高い成長率を記録し、今後も200%以上の市場伸長率と予測している。この分野のプロジェクターは競合不在で、エプソンのシェアはいわば100%という(正確には、タッチ対応の大画面液晶ディスプレイなどが競合になる)。

 インタラクティブ文教用途では、政府の教育ICT投資を背景として、普通教室への電子黒板導入が増えつつある。2012年度から2013年度で市場伸長率は約150%に達し、2013年度にエプソンは77.9%のシェアを獲得した。

 文部科学省の教材整備指針では、「2021年までに1教室1台、電子黒板あるいはインタラクティブ機能内蔵プロジェクターを整備すること」を目標に掲げているが、現在の導入状況は約4万のPC教室にとどまり、約46万の普通教室が今後の導入対象だ。そのため、2021年までの約8年間で継続的な大量導入を見込んでいる。

 高光束市場では先行するパナソニックが50%超のシェアを持っているが、エプソンは2012年度に12%、2013年度に18%だったシェアを2014年度に25%まで伸ばすことを目標としている。この市場においては、長期的に差を縮めていく構えだ。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon