古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「カケホーダイ」+「VoLTE」で音声通話の復権を ドコモ夏モデル、国内初のVoLTE対応

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/05/14 15:54 ITMedia
「カケホーダイ」+「VoLTE」で音声通話の復権を ドコモ夏モデル、国内初のVoLTE対応 © ITMedia 提供 ドコモ夏モデル

 「音声通話を見直してもらいたい」――NTTドコモが5月14日、発表した2014年夏モデル12機種のうち、スマートフォン4機種とタブレット2機種でVoLTEによる通話サービスに対応した。発表会で、同社の加藤薫社長はクリアな音声で通話できるVoLTEの特徴をアピール。6月1日にスタートする通話定額プラン「カケホーダイ」とあわせ、音声通話の利用を活性化させる狙いだ。

●VoLTEとカケホーダイで音声ARPU反転へ

 VoLTE(ボルテ)は、従来通話に使っていた3G(回線交換)ではなく、LTE「Xi」ネットワーク上で音声通話サービスを提供。従来の通話に比べて音声周波数帯域が50Hz〜7KHzと広く、高音域をよりクリアに表現できるという。発表会では、3GとVoLTEでそれぞれ通話した女性の音声を再生。3Gではこもっていた声が、VoLTEはクリアに響いていた。

 3Gに切り替える必要がなくなるため、発着信が短時間で行えるようになるほか、音声通話と同時にLTEによるネット利用ができ、テレビ電話「ビデオコール」の画質も上がるという。VoLTE品質の通話を利用するには、かける側も受ける側もVoLTE端末であることが必要だ。

 夏モデルでVoLTEに対応したのは、4K動画撮影に対応したXperiaのフラグシップモデル「Xperia Z2(SO-03F)」、高速オートフォーカス機能を備えた「GALAXY S5(SC-04F)」、、極細フレーム「EDGEST」を備えた「AQUOS ZETA(SH-04F)」、“スマホ史上最高のATOK”を備えたとうたう「ARROWS NX(F-05F)」の4機種、タブレットは、7インチクラスのLTEタブレットで世界最軽量(233グラム)の「AQUOS Pad(SH-06F)」、10インチクラスで世界最薄の「Xperia Z2 Tablet(SO-05F)」。

 音声ARPUが下落を続ける中で投入したVoLTE。加藤社長は「カケホーダイとクリアなキャリア品質の音声通話を見直してもらい、音声ARPUが下げ止まり、増えていくという方向になればいい。音声通話をテレコミュニケーションの基本的なものとして見直してもらいたい」と期待を込める。

 MM総研の調査によると、14年度のスマートフォン出荷台数は前年比3.0%減の2870万台と、2年連続で前年を割る見通しだが、ドコモはスマートフォンの販売台数目標を前年度比10%増の1530万台に設定している。

 加藤社長は、「新料金プランでデバイスを追加しやすくし、若い人に導入しやすい工夫をした。これで需要を掘り起こしたい」と意気込む。新料金スタートにあわせ、家族で2台以上購入した顧客に1万円相当を還元する「ファミリー特割」など割引プランを用意し、既存ユーザーのマルチデバイス化を加速する。

●月額400円で雑誌読み放題「dマガジン」も

 「スマートライフ」を掲げ、スマートフォン周辺サービスも充実させる。スマートフォン向けサービスポータル「dマーケット」には、電子雑誌の定額読み放題「dマガジン」を追加。月額400円(税別)で、70誌以上が読み放題になる。「Hot-Dog PRESS」など、スマホ電子書籍への参入が初となる雑誌もラインアップした。

 任天堂と連携したAndroid向け新アプリ「かんたんテザリング for ニンテンドー3DS」を5月15日から配信。スマートフォンをアクセスポイントにして、3DSを簡単にネット接続するためのアプリだ。

 ドコモショップで購入できる周辺機器ブランド「docomo select」を新設。歩数や睡眠時間などを計測し、スマホに転送できるウェアラブル機器「ムーヴバンド2」や、テレビ機能非対応のスマホでフルセグ/ワンセグ/NOTTVを視聴できるチューナー「TV BOX」、防水スピーカー「SRS-X1」など500商品以上の周辺機器を、同ブランドから販売する。

●NTTの光回線とセット割、「前向きに検討」

 NTT(持ち株会社)は13日、東西地域会社が光回線のサービス卸事業を開始すると発表。ドコモがFVNOとして固定ネットワークを借り、携帯とセットにしたセット割を展開することも可能になる。

 これについて加藤社長は「昨日聞いたところ。これから前向きかつ具体的に検討しようと思う。顧客から見ると固定とモバイル回線で差はなく、ブロードバンド環境を全体的に提供できれば喜んでいただけるのでは。これから智恵を出したい」と話した。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon