古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「ガラス割れる音+悲鳴+罵声→けんか」 「音」で状況を認識できる技術、NECが開発

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2016/11/28
「ガラス割れる音+悲鳴+罵声→けんか」 「音」で状況を認識できる技術、NECが開発: 画像:ITmedia © ITmedia ニュース 提供 画像:ITmedia

 NECは11月28日、音が混在する環境から目的の音を切り分け、音の組み合わせで状況を認識できる「音状況認識技術」を開発したと発表した。カメラでは見えにくい場所での犯罪や事故の素早い検知、高齢者の見守りといった活用を見込む。

 マイクで収集した音声から、不要な音を取り除きつつ目的の音を効率よく抽出することで「ガラスが割れた」「罵声や悲鳴が上がった」といった事象を高精度に判別できる技術。

 例えば「ガシャン」「バリン」「パリン」といったガラスが割れる音を、周囲の環境に左右されづらい「ガ」「シャ」「バ」「パ」といった細かい音の成分で学習しておく。現場で収集した環境音からは、その音のみを抽出することで、あらかじめ学習させた音の組み合わせパターンからガラスが割れたことを高精度で判別できるという。

 さらに「ガラスの割れる音」「悲鳴」「罵声」の音が聞こえたら「けんか」が発生しているというように、判別した事象の組み合わせから「何が起きているか」を判断できるという。これまでは、異なる環境で発生する同じ音を大量に学習することで検知を行っていたが、雑音が混入する環境では精度が下がり、過去に例がない環境への導入が難しかった。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon