古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「ベゼルレス」「ライカカメラ」「最強セルフィー」――2016年の中国スマホを振り返る

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2016/12/23
「ベゼルレス」「ライカカメラ」「最強セルフィー」――2016年の中国スマホを振り返る: Xiaomiのオンラインショップ。スマートフォンだけでもすでに多数のモデルがある © ITmedia Mobile 提供 Xiaomiのオンラインショップ。スマートフォンだけでもすでに多数のモデルがある

 Xiaomi(シャオミ)を抜いたHuawei(ファーウェイ)が、OPPO(オッポ)やVivo(ビボ)に抜かれるなど、中国国内のスマートフォンメーカーのパワーバランスが大きく変わった2016年。各メーカーは新製品を次々に送り出しており、11月になってからも新製品発表会が相次いだ。2016年に登場した各社の新製品の中から、トップ3メーカーの動きを見てみよう。

●コスパ重視から堂々のフラグシップモデル投入へ――Xiaomi「Mi Mix」

 Xiaomiが新興スマートフォンメーカーとして世界中の話題をさらっていたのも今では過去の話になりつつある。2016年の同社は約2年ぶりにフルモデルチェンジを行った最上位モデルの「Mi 5」を年明けに発表、その後「Mi 5s」「Mi 5s Plus」とマイナーチェンジモデルも投入。さらには「Mi Max」「Mi Note 2」「Mi 4s」とラインアップを増やしていく。低価格モデルのRed Miシリーズも「RedMi 3」「RedMi 3S」「RedMi 3X」「RedMi 4」「RedMi 4A」「RedMi Pro」「RedMi Note 3」「RedMi Note 4」と多数の製品を次々に送り出していった。

 Xiaomiはもはやコストパフォーマンスに優れた少数精鋭モデルを販売するメーカーから、売れ筋製品をテンポ良くリリースする一般メーカーへと成り下がってしまったという印象を受ける。それはXiamiの最新モデルがメディアを賑わす機会が減っていることからも分かるだろう。

 しかし2016年11月に発表した「Mi Mix」は久しぶりに世界中から注目を浴びる製品となった。6.4型という大型ディスプレイを搭載。3辺がほぼベゼルレスのスタイルはまるでガラスの板を持っているかのような印象を受ける。

 似たようなディスプレイを搭載した端末としてはシャープの「AQUOS CRYSTAL」が過去にあったが、Mi Mixの縦横158.8×81.9mmという大きいサイズは圧倒的な迫力を感じられる。もちろんスペックもSnapdragon 821、メモリ6GB(4GBモデルもあり)、1600万画素カメラと強力だ。加えてボディーは表面処理の美しさと強度を併せ持つセラミック製。価格も3499元(約5万8000円)からと、かなり強気の設定である。

 Xiaomiのこれまでの顔ともいえる製品は、高スペックな「Mi」シリーズだった。しかし現実は低価格でスペックも良い「RedMi」シリーズの販売数の方が圧倒的に多い。Mi Mixは久しぶりにXiaomiらしい「最新の部材を集めた、最高のハイエンドモデル」であり、同社の栄光の時代のイメージを取り戻すことのできる、新しい顔となる製品になるだろう。

●もはやライバルはiPhoneにあらず――ライカとコラボし最強製品を送り出すHuawei

 2016年9月、Huaweiがドイツで行った新製品発表会でお目見えしたモデル「Nova」「Nova Plus」はミッド・ハイレンジクラスの製品だ。セルフィー機能を売りにするもののインカメラは800万画素と、同じ9月に登場したAppleの「iPhone 7」と比べると、機能的には下位のモデルだった。

 各社がiPhone対抗モデルを出してくる9月に、Huaweiはより低価格かつ最近のトレンドであるセルフィー機能にフォーカスしたモデルを投入してきたのだ。1年前の9月には大画面モデルのMateシリーズの最新モデルを投入していただけに、Novaシリーズの投入は肩透かしを食らった感があった。

 しかし2016年11月、そのMateシリーズの最新モデルがようやく発表された。5.9型ディスプレイを搭載し、「P9」譲りのライカカメラをさらに機能アップした「Mate 9」、そして5.5型WQHDディスプレイを搭載した「Mate 9 Pro」「Mate 9 Porsche Design」の3モデルである。11月の発表は、欧米のクリスマスシーズン向けとしてはやや遅い。しかし中国やアジアの旧正月(2017年は1月28日が元日)には十分間に合う。Mate 9シリーズはグローバルで展開する予定だが、特にアジア市場での拡販を重視していると見てもいいだろう。ちなみにMate 9は日本でも発売されてた。

 2016年のHuaweiは、ライカカメラ搭載のP9でブランドイメージも大きく引き上げており、インターブランドが10月に発表した「Best Global Brands 2016」では前年の88位から、72位へとランクを上げている。そのP9を「大画面化(Mate 9)」「高解像度ディスプレイ化(Mate 9 Pro)」そして「高デザイン化(Mate 9 Porsche Design)」とブラッシュアップさせた3つのモデルは、Huawei人気をさらに高めるものになるだろう。

 おりしもSamsungはNote 7の生産中止でフラグシップモデルが不在、Appleは2015年に絶好調だったiPhone 6/6sシリーズの反動でiPhone 7シリーズが思うように伸びていない。しかしMate 9シリーズは、この2社の製品がたとえ現時点で好調な売れ行きを示していたとしても、それに並ぶ、あるいはそれを超えるだけの製品に仕上がっている。iPhone 7発表から2カ月後の11月に製品をリリースしたのも、Huaweiの自信の表れだろう。性能、品質、カメラ、仕上げ、そしてブランド。Mate 9シリーズはHuaweiの歴史の中でも史上最強の製品といえるだけに、この冬どれだけの結果を残すか、楽しみだ。

●最強の自撮りと高速充電――アジアでも人気のOPPO「R9」シリーズ

 1年前はグローバル市場で話題にも上がらなかったOPPO。だが2016年に入ると一時はシェア4位に入るなど、Samsung、Apple、Huaweiに次ぐ巨大メーカーにまで成長した。中国市場でもシェア1位に上り詰めるなど、OPPOの今の勢いは他のどのメーカーでも追い付けないといえるほどだ。しかもOPPOが強いのは中国だけではなく、東南アジア各国でも着々と販売数を伸ばしている。

 OPPOのラインアップは1600万画素インカメラを搭載した「R9」シリーズのフラグシップモデルを筆頭に、学生層でも手軽に購入できる、100ドル台からの低価格なAシリーズを複数そろえている。OPPOはオフラインマーケットも重要視しており、自社製品を販売するブランドショップを中国のみならず、東南アジア各国に構えている。

 OPPOのショップに入ればそろいの制服を着た店員が出迎え、R9を片手にカメラを起動。画面を見るとインカメラがオンになっており、撮影すると自分の姿はとてもきれいに写っている。女性のみならず男性であっても「スマートフォンのインカメラって、こんなにきれいに撮れるのか」と驚く瞬間だ。

 また「5分の充電、2時間通話」という急速充電機能も大きな特徴となっている。R9シリーズなどに搭載されている独自開発したVOOC高速充電機能は、電源環境の悪い新興国のユーザーにとっては心強い機能だ。ちょっと立ち寄ったお店で10分も20分もコンセントを借りるのは気が引けるもの。だが5分程度なら買い物をしたり、あるいは店員と雑談をしている間にあっという間だ。OPPOもR9の発売直後は、この急速充電機能だけをアピールしていたほど。

 中国国内では3000元を超える高価格帯モデルの「R9」。東南アジアではカメラ機能はそのままにディスプレイ解像度を落とすなどして価格を200ドル台に抑えた「F1」シリーズとして展開しており、手ごろな価格と高品質なセルフィーが撮れるスマートフォンとして急激に人気を高めている。この価格帯であれば先進国の若年層でも十分購入できるだけに、今後のグローバル展開も期待したい。2017年はOPPOがさらに市場でのプレゼンスを高める年となるだろう。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon