古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「今だからこそ、心に染みる……」チャゲアスものまね・ダブルネームの“Chage讃歌”が話題

サイゾー のロゴ サイゾー 2014/05/19 Cyzo
© Cyzo 提供

 人気デュオ・CHAGE and ASKAのASKA(本名・宮崎重明)容疑者が覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕されて一夜明けた18日、ファンミーティングのため広島市内を訪れたChageが、集まった報道陣に対応した。

 17日、同デュオの公式サイトで「今日までASKAの回復を待ってきましたが、このような事態になり大変残念です。突然の事でまだ頭の整理はつきませんが、今は現在開催中のファンクラブイベントに僕は全力を注いでいきます」というコメント共に、謝罪文を発表したChageだが、この日も「今回の事件に関しましてはメンバーとして深くお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした」と、帽子を脱いであらためて謝罪。さらに「まだ自分でも整理がつかず、事の重大さが分かっておりません」と素直な言葉で語り、「彼には自分を大事にしてもらいたい」と唇をかみしめた。

「ファンミーティングでは、1曲目に自身のソロ曲から『アイシテル』を披露。同曲は『どうしてこんなにも 胸の奥が痛むんだろう 僕の横に君がいないだけ それだけでさ』という歌い出しで始まるナンバー。ASKA容疑者を思い起こさせる歌詞と、Chageさんの優しい歌声に、涙を流すファンもいたそうです。また、イベントの最後には握手会も開催。『2人そろったチャゲアスが見たいです』というファンの投げかけにも、『ありがとう、分かりました』などと笑顔で対応していました」(芸能ライター)

 相棒の逮捕というつらい状況下でも、記者やファンに対し誠意ある対応を見せるChageだが、これに関連してネット上では、あるお笑い芸人のネタが話題になっている。

「ものまねコンビ・ダブルネームのチャゲアスの替え歌ネタが、『今だから、心に染みる』と口コミで広がっている。それは『SAY YES』の替え歌で、サビで『Chageはいい奴~』を連呼しながら、Chage役のジョーが、ASKA役のカオルが脱ぎ捨てたジャケットをたたんであげたり、トランプの“ババ抜き”で、Chageがジョーカーを引いてあげたりするという内容。最近では、EXILEの替え歌のイメージが強い2人ですが、チャゲアスのネタもテレビでたびたび披露しており、09年にはこのネタで『M-1グランプリ』準決勝進出を果たしています」(同) ネット上では、「このタイミングだからこそダブルネームのネタが見たいけど、当分封印するんだろうな。残念」「ASKA逮捕で、ダブルネームのあの名曲が聞けなくなるのか」「そういや、ダブルネームは『Chageはいい奴』って言ってたけど、『ASKAがいい奴』とは言ってなかったな」「ダブルネームは、ASKAの闇の部分を感じ取っていたんだと思う」といった声が見受けられる。

 これまでASKAに「薬はやめろ」と繰り返し注意しては、言い争いになっていたと一部で報じられているChage。それでもASKAを見捨てずにいた彼は、やはり「いい奴」だったということだろうか?

※画像は「アイシテル」(UNIVERSAL SIGMA)

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon